西区役所・文化施設

神戸市西区総合庁舎建設工事 建物躯体構築や連絡橋の建設、周辺道路の整備が進む



鉄筋コンクリート造と鉄骨造のハイブリッド構造となるRCS工法によって施工されている西区総合庁舎の建設工事。既に建物の躯体工事は上層階に達し、ランドマークの存在が高まりつつあります。

プロジェクト概要

西区新庁舎等整備事業



所在地 神戸市西区糀台5丁目4-1
事業者 OMこうべ
敷地面積 5,086㎡
建築面積 2,711㎡
延床面積 10,392㎡
階数 地上6階
用途 事務所
建物⾼さ 26.9m
構造 RC+S造
設計者 昭和設計
施工者 明和工務店・湊建設工業
竣工予定 2021年12月

建設状況の様子



躯体工事は4階に到達。鉄骨梁を取り付ける鉄骨建方、柱の配筋とコンクリートの打設を各フロアにて行っています。工事は着実に進捗していますが、あと残り約5ヶ月の工期で完成するのか少し心配です。



建築面積が大きいので1フロア辺り2,000平方メートル以上あるようです。



3階のシンボルデッキの屋根となる部分です。4階はセットバックしています。



内側は木材を使ったルーバーを採用するデッキ上の大屋根。外側は軽量鉄骨の格子が並びます。



プレンティから新庁舎に接続する連絡橋の建設工事も重機を使った基礎工事が本格化しました。



連絡橋を支える杭工事を進めている模様です。連絡橋には接続するエレベーターも設置される予定です。



新庁舎の建設に合わせて、周辺道路の再整備も進行中です。現在は側溝の更新がメインとなっていますが、街路樹の植樹や舗装ブロックによる歩道の美装化が行われるものと思われます。



庁舎北側の歩道の整備も一足早く進んでいます。これまで無かった庁舎側に歩道が完成しました。



加えて庁舎横に新たにバイク専用の有料駐輪場が開設されました。



着々と庁舎躯体の建設工事が進行しています。新庁舎が完成すると、玉津にある既存の現庁舎は不要となります。現庁舎跡地の利活用に向けてサウンディング市場調査が実施されましたが、民間事業者からは厳しい意見が相次ぎ、調査結果は一定期間の公開後に関連ページの一切が削除されてしまいました。無理な活用は諦めて売却するのも手かと思います。

関連記事
西区役所・文化施設

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央) 着工!

2021年2月11日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央駅前の再整備の中格となるプロジェクトである西区総合庁舎と文化複合施設の整備計画。駅北側の庁舎については既に着工済で建設工事が …
西区役所・文化施設

神戸市西区総合庁舎建設工事 建物躯体工事やプレンティとの連絡ブリッジについても構築工事がスタート

2021年5月30日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央駅周辺の再整備における急先鋒を務める中核プロジェクトの一つである西区総合庁舎の建設工事。年内の竣工を目指して急ピッチな施工が …
西区役所・文化施設

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央)

2021年4月18日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央地区の再整備計画の中で、西区新庁舎と並んでプロジェクトの双璧を成すのが、文化ホール・西区図書館の複合公共施設と共同住宅で構成 …

POSTED COMMENT

  1. 摂津国人 より:

    現西区役所は第二神明の玉津IC至近にありますから、物流関係の会社にはいい立地かもしれませんね。
    新快速の停車駅である明石駅、西明石駅にもそれほど距離はありませんので、マンションにもいいかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です