西神中央

神戸市西区総合庁舎建設工事 外観の完成間近!プレンティとの連絡ブリッジ架橋も開始される

当初の計画では年内の竣工を目指していましたが、工期に多少の遅れが出ており、来年1月末の完成を目指している西区総合庁舎。プレンティ第2駐車場跡地で建設されており、2月には玉津の現庁舎から便利な西神中央に移転します。この庁舎移転により名実と共に西神中央が西区のヘソになります。

 

プロジェクト概要

西区新庁舎等整備事業



所在地 神戸市西区糀台5丁目4-1
事業者 OMこうべ
敷地面積 5,086㎡
建築面積 2,711㎡
延床面積 10,392㎡
階数 地上6階
用途 事務所
建物⾼さ 26.9m
構造 RC+S造
設計者 昭和設計
施工者 明和工務店・湊建設工業
竣工予定 2022年1月

建設状況の様子



外観の完成がいよいよ近いようです。建物を覆っていた養生ネットが取り払われ、足場の撤去も開始されています。



今後、西区を統べる新庁舎。重厚感とスタイル性を兼ね揃えた新しい行政棟は西区の中心として、西神中央への人の流入を促す存在となります。



足場の撤去が進む建物北東側の様子です。グリッド状のフレームに木材のマリオンという組み合わせで、そのデザインは令和の時代に生まれ変わる新しい西区を象徴します。



新庁舎に隣接して細長い基礎が構築されていますが、どのような建物が更に建設されるのでしょうか。



新庁舎と新しいプレンティ第2駐車場とを接続する連絡ブリッジの架橋工事が開始されました。



ブリッジは新庁舎の3階に設置されるひろばデッキに直結しています。今後はこのひろばデッキを介した動線が人の流れの主流になる事が期待されます。



まだ建物の南西側は頂部以外は足場と養生ネットの厚いベールで覆われています。



しかしこちらもプレンティのイオンフードスタイル棟の3階と新庁舎のデッキひろばとを接続する連絡ブリッジの架橋が開始されました。



イオンフードスタイル棟はこのデッキ接続工事と合わせて外壁のリニューアル工事も進められており、一気に周辺は大規模工事さながらの雰囲気に包まれました。



庁舎が完成に近づくにつれ、周囲の工事と共になかなか壮観な眺めになってきました。



今後はプレンティと新庁舎、駐車場を結ぶ動線が生まれる事で、第1駐車場に集中する買い物客も第2駐車場を利用する機会が増えるかもしれません。駅前の双日が運営する来春開業の西神中央ショッピングセンター、そしてリニューアルされるプレンティ、そして駅前周辺の広場リニューアル、新庁舎の開業によって、駅周辺への集客は飛躍的に向上する事が期待されます。ハーバーランドがウミエに変わった際の劇的変化を想像しています。

関連記事
西神中央

なでしこ芸術文化センターがオープン!高質な文化施設の完成に西神中央のリノベーションが大きく前進 オープン記念特集① 外観編

2022年10月3日
こべるん ~変化していく神戸~
10月1日(土)に西神中央駅西側に建設されていた複合文化施設「なでしこ芸術文化センター」が遂にオープンしました! 新しい西 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です