三宮

琴ノ緒町5丁目計画 建物外観現る 近隣のパーキング跡にも開発計画浮上?



三ノ宮駅北側の裏通りとなる琴ノ緒町5丁目のパーキング跡地に建設中の新築テナントビルは2月下旬の竣工を目指していますが、既に外観が現れています。



カフェ、物販、美容サロン等のテナント出店を募っています。建物向かいには緑溢れる名物カフェ「GREEN HOUSE Silva」がありますので、これに負けない話題の飲食店出店が進めば、集積と賑わいを生みます。



界隈では開発計画が散見されるようになっています。本格的な建設工事の始まった神戸三ノ宮・布引町ビルの現場は琴ノ緒町テナントビルから徒歩数分の距離です。



そして神戸三ノ宮・布引町ビルの現場と同じ通りに面し、神戸山手迎賓館の裏手にあったコインパーキングが閉鎖されました。



間口は広くはありませんが、奥行きの広いL字型の変形旗竿地です。



何らかの開発計画が始動するものと思われます。コインパーキングの閉鎖が相次ぐ三宮。



更に北側ではより大きなコインパーキングと解体を待つ老朽ビルが並びます。将来的に開発が進む匂いがぷんぷんします。



そのパーキングの北側は解体の進むイスズベーカリー本社と解体の終わった布引アパート跡地。狭小地の単独開発は賛否ありますが、裏通りであれば致し方ない面もあるでしょう。いずれにせよ三宮駅周辺の再開発による波及効果が非常に顕著になり始めている事を実感しています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です