こべるん ~変化していく神戸~
サンテレビ・聚楽プロジェクト

(仮称)神戸駅前プロジェクト 鉄骨の連結が進む


鉄骨建方とタワークレーンの設置が終わり、更なる鉄骨建方が進んでいる(仮称)神戸駅前プロジェクト。地上12階建の複合ビルとして来年末の竣工を目指しています。



南北に櫓のように4階まで組み立てられた鉄骨の中央部も鉄骨が立ち上がって連結されました。また南側にも鉄骨が拡大し、かなり大きくなってきました。



中央部では非常階段の構築も始まっています。



いつも鉄骨建方見て思うのは赤茶色の鉄剥き出しの鉄骨とグレーに塗装された鉄骨の二種を組み合わせる現場が多いのですが、鉄骨製作所や錆び止めの違いで特に機能面での違いは無いようです。



クリスタルタワーとザ・パークハウス神戸タワーに囲まれる形で工事が進みます。



案の定、北側の鉄骨櫓の上にも新たなタワークレーンの設置が開始されている模様を見掛けました。次週はこの現場でのダブルクレーンの登場の様子をお伝え出来るかと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です