こべるん ~変化していく神戸~
アパホテル神戸三宮駅前

アパホテル神戸三宮駅前 開業間近で建物は竣工 内部仕上げや開業準備が進む 1階テナントも決定



2月20日(木)のオープンまで1ヶ月を切ったアパホテル神戸三宮駅前。建物は外構部を含めて完成を迎えました。



ホテル前に街に潤いを与える小さな植栽が整備されました。



1階側面にテナントの入口とエントランスアプローチが造り付けられました。



出店するのは神戸ステーキバル ノーブルウルス。牛肉がメインのビストロ料理を提供。昼はカフェ営業し、夜はビストロバルとなるようです。朝は宿泊者の朝食会場でしょうか。



ホテル前のスペースはエントランスアプローチと一部は駐車場として使用されるでしょう。



高いスタイル性を感じさせるホテルです。アパはシングルの部屋が9平方メートルとかなりのコンパクト設計です。帰ったら寝るだけという1泊程度の出張需要には充分かとは思います。個人的に老朽化したホテルをリブランドでアパにした物件にはサービスを含めてあまり良い経験はありませんが、新築物件は一定の満足度は得られるでしょう。



兎に角この新築ホテルは利便性の高さがピカ一です。食事やコンビニにも困る事はありませんし、繁華街の立地の割には静かな環境も得られます。高稼働率で運用される事は間違いないでしょう。三宮北のホテル集積は急速に高まりつつあります。寧ろこれまでが少ない位だったのかもしれません。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です