垂水駅前再開発

垂水駅前再整備計画 垂水新図書館と駅前広場のリニューアル



モデルナワクチン1回目を接種しましたが、副反応が長引き週末は撮影取材に出れませんでしたので、今週は更新頻度は落ちると思いますので、ご了承下さい。

垂水駅北側では垂水中央東地区第一種市街地再開発事業を中心として、リノベーション神戸の拠点整備が計画されています。

東側ロータリー再整備計画



東側の一般車ロータリーのある駅前広場で整備される予定なのが新・垂水図書館。整備は一般車ロータリーの敷地を利用する為、空中に図書館を整備する事になります。



今まではカーテンウォールのファサードがイメージの図書館でしたが、垂水区のホームページに公開された新パースは各階にテラスを有したデザイン建築風の建物に変更されています。1階が駐停車スペース、2-4階が図書館という構成になる予定です。

 

西側ロータリー再整備計画

tarumichuo11.jpg

西側の駅前広場も再整備が計画されています。



再整備の内容はロータリー内に立体原付駐輪場を建設し、駅前の西側広場をリニューアル、そして駐輪場を整備する予定です。



西広場のリニューアルは照明設備や植栽の整備が主な内容になる予定です。



ロータリーの西側の敷地を活用して地上3階建の立体原付専用駐輪場を建設。

垂水駅は山陽電車とJRの乗換駅であると共に北側丘陵地帯に広がる広大な住宅地の玄関口でもあり、通勤客を支える駅前広場の整備は利便性を向上します。この他、垂水小学校の建て替えや垂水体育館の整備も同時進行しています。



今後4年に渡って垂水駅周辺は大規模な工事が進み、大きな変化を遂げていく事になるでしょう。

 

関連記事
西神中央

「リノベーション・神戸」神戸市が市内拠点3駅の駅前再整備を本格化 人口減に歯止めを掛けられるか?

2019年12月20日
こべるん ~変化していく神戸~
人口流出が政令市ワースト1を記録してしまった神戸市。人口流出に歯止めを掛ける為の抜本的な対応策を今年度中に段階に分けて打ち出すとしていま …
垂水駅前再開発

リノベーション神戸 新垂水図書館・ロータリー・原動機付自転車駐車場他整備工事設計業務のプロポーザル広告

2020年10月9日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は人口減少対策として進めている施策「リノベーション神戸」の拠点整備地区に指定している垂水駅にて駅前広場の市有地を活用して新垂水図書館の …

POSTED COMMENT

  1. しがない垂水区民 より:

    垂水はなかなか名谷、西神中央とくらべて目に見えて開発進まないですね。
    駅前が綺麗になるのはいいですが、この周辺に毎日、屯している某集団がいて他の区民、警察とトラブルがよく起こっております。西側広場はベンチが撤去されて今度はレバンテ前にいるので再開発後は心配ですね。

  2. たるみくみん より:

    駅前に交番がないのは垂水駅ぐらいじゃないですかね。まぁ仕事しない垂水警察署は区民にも有名ですが…。やはり乗降客数の多い駅前は交番が必要ではないかと。
    7時〜19時は歩行者専用道路も無法地帯化してます。交番という抑止力が必要だと思いますが。

しがない垂水区民 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です