三宮再整備

三宮駅周辺歩行者デッキ設計競技(コンペ)の実施を公告 駅南側のデッキネットワークを再編 バスターミナルI期ビルと共に完成予定

神戸市は三宮駅南側周辺の再整備の一環として駅や周辺の再開発ビル、既存ビル間の回遊性や動線の改善を目的とした歩行者デッキネットワークの再編を計画しており、デッキ開発を雲井通5丁目再開発のバスターミナルI期ビルの完成に合わせて完成させる予定です。このデッキについてこの度、神戸市は設計者をコンペによって決定する事とし、提案の公募を公告しました。



提案者には「新たな神戸の玄関口にふさわしい上質で洗練された空間をつなぐ歩行者デッキ」をテーマとし、単なる歩行者空間の整備に留まらず、デザイン性や、滞留空間、三宮クロススクエアを臨む視点場、周辺建物と一体となった賑わいを創出するデッキの設計案が求められます。今回の設計競技の対象となるデッキは

  • 税関線横断デッキ(フラワーロードを跨いでJR駅ビルと神戸交通センタービルを連絡)
  • JR南デッキ(JR駅ビルの南側からミント神戸前を連絡)
  • 新バスターミナル前デッキ(ミント神戸前からバスターミナルビルを連絡)
の3カ所です。今回の対象にはなっていませんが、ポートライナー三宮駅から現在のOPA2を結ぶデッキも架け替えや延長が検討されているようです。



今回のコンペ対象デッキは全て屋根の設置が想定されていますが、中央幹線を跨ぐ二本の橋には屋根は設置されません。デッキの幅員は6mを基本とし、滞留空間の整備に対してはそれ以上の大きさも認められるようです。



地上からデッキへのアクセスポイントです。階段とエスカレーター、一部にはエレベーターの設置も予定されています。

akashi133.jpg

屋根付き駅前デッキの参考例として明石駅前のデッキの様子です。

himeji41.jpg

そして同じく屋根付きデッキの一例として姫路駅前の歩行者デッキです。


デザインデッキとしての参考例として天王寺駅前の阿倍野歩道橋。こちらもデザインコンペで決まった例です。



以前、示されていたデッキネットワークのイメージ図です。まだJR新駅ビルの概要が明らかになっていない事から駅前広場を含めた空間の整備については提案者も空想しながら必要な空間の確保やデッキのデザインを考慮する必要があります。

 



税関線横断デッキとその他のデッキの間には垂直差が存在します。高さで2階と3階レベルの差となり、この連絡について以前は三宮ターミナルビル前の階段で対応していました。バリアフリー設計が必要になる為、新デッキではエスカレーターやエレベーターでの解消が必須です。また各ボイドにて三層ネットワーク間の移動ができるような設計も求められます。



今後のスケジュールですが、まず設計コンペは1次、2次審査を経て来年5月末までに最優秀提案者が決定します。それぞれのデッキについても着工時期が異なっています。最も早く工事に着手する税関線横断デッキは来年度には詳細設計を終えて、2022年度より着工します。その他のデッキは2023年に着工し、順次、接続予定の建物と共に完成を迎える予定です。デッキの再編と併せて三宮クロススクエアの第一段階の整備工事も着手するものと思われます。これらの整備を進める上でもJR駅ビルの早期計画確定が必要です。せめて敷地計画が確定されれば、少なくとも駅前広場の整備は始められます。さんちかのリニューアルについてもJR駅ビルに設計を左右される要素が多分にある為、同ビルに三宮再整備の進捗が引きずられている様相です。何はともあれ、先行する駅北側の開発に対して、南側でも具体的な工事の着手を早期に望みたいものです。

関連記事
三宮再整備

三宮図書館仮移転整備工事 デザイン・クリエイティブセンター神戸 新館2階へ来年6月 雲井通再開発始動は来秋か

2021年12月14日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮の中央区総合庁舎内に入っている三宮図書館。来年より雲井通5丁目の再開発事業が始動するにあたり、移転準備を開始しています。26年に …
三宮バスターミナル計画

国土交通省と神戸市が国道2号等 神戸三宮駅前空間の事業計画 中間とりまとめを共同発表

2019年8月31日
こべるん ~変化していく神戸~
国道2号線を管轄する国土交通省と神戸市が神戸三宮駅前空間の整備事業計画について中間とりまとめを共同発表しました。神戸市が産学連携下で …
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 再び重機が入る 駅周辺デッキ整備事業者のプロポーザルも来月に公開か?

2021年4月8日
こべるん ~変化していく神戸~
約3ヶ月ぶりに三宮ターミナルビルについて取り上げたいと思います。前回は1月半ばにアントレマルシェ三宮前のフラワーロードに通じる通路が …
三宮再整備

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事と東町筋道路改良工事 歩道拡幅が急ピッチで進行中

2022年6月8日
こべるん ~変化していく神戸~
開館日が既に7月19日に決定している新中央区総合庁舎。建物は竣工したと思われますが、外構となる建物が接する東町筋の道路改良工事が急ピ …

POSTED COMMENT

  1. S.Y. Kobe より:

    三宮駅周辺歩行者デッキのような公共施設の設計競技が公告出来るということは、国交省兵庫国道事務所との協議事項も終了し、水面下では少なくともJR西日本の三ノ宮駅ビル低層部分の建築計画との大まかな擦り合わせも出来ているはずだと思いますので、それ自体は歓迎すべき事です。

    ただ今回のコンペでは 「新たな神戸の玄関口にふさわしい上質で洗練された空間をつなぐ歩行者デッキ」 として機能やデザインを要求しながら、結節点としてほとんどのデッキと接続する肝心の三ノ宮駅ビルのデザインや施設内容は公開されず、ベールに包まれたままなのはまことにコンペとして片手落ちです。

    コロナ禍で経営環境が激変したJR西日本が今後の事業と資金計画を見直すことは当然であっても、一方ではJR三ノ宮駅ビルは三宮周辺6駅を結ぶ中心施設として大きな公共性を持っています。神戸市に於いては市民や周辺地域のすべての利用者の利便や利益を考慮し、民間企業の事業だとしても長く中断することなく推進出来るよう一定の協力や指導力を発揮すべきです。残念ながら影の薄い現市長を筆頭に神戸市の一連の施策を見ると将来への危機感やそのための都市戦略には疎いと思うばかりです。

    将来の成長インフラであるはずの神戸空港へのアクセス(乗り換え利便)も今以上に不便なまま暫く放置されるようなことにでもなれば、神戸市は行政としての無力無能を広く晒すことになってしまいます。願わくはこの設計競技と共に全体事業も短時間での軌道修正で乗り切り、遅れる事無く推進してほしいと思います。

  2. 第8世代 より:

    大阪駅北口とグランフロントを結ぶスカイデッキと広場の開放感、一体感が個人的にお気に入りです。
    何故、三宮はバラバラにデザインするんでしょうかね。
    大人の事情がありそうですが、一体的に取り組んで欲しいものです。

S.Y. Kobe にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です