こべるん ~変化していく神戸~
トアロード

ワコーレ ザ・神戸トアロード新築工事 遂に全体像が現る!居住者向けの内覧会開催



トアロードと山手幹線の交差点南角にあったJT神戸支店跡地に建設されてきた和田興産の大型分譲マンション「ワコーレ ザ・神戸トアロード (地上14階 地下1階 延床面積18,311.69平方メートル 総戸数193戸完売済)」の竣工がいよいよ目前に迫り、建物を覆っていた足場や養生ネットが撤去されて全体像がお披露目されました!



最後までベールに包まれていた敷地中央から西側に建設されたのセントラルスイートヴィラとヒルズスイートヴィラ。低層部とセットバックさせた高層部が非常に複雑に入り組んだ意匠はかなり存在感を強く感じさせます。



大土呂巧建築設計事務所のデザインが優れていたという事でしょう。完成予想パースからは然程の期待してはなかったのですが、実際の建物は期待を上回る出来です。



ワコーレ史上、初の億ション?になったフラッグシッププロジェクトだっただけにディテールに拘りは感じられます。コーナー部にはアルミカーテンウォールを採用したのもその一つです。今ではタワーマンションを中心に当たり前の仕様になりましたが、神戸の大規模物件でこのデザインを実現するには消防条例を相手にかなり手強いハードルをクリアする必要があるのです。



南側は黒に着色されたガラス手摺を採用しています。



先行して建設されてきたトアスイートヴィラ。低層部周りの仕上も完了して外構工事が進んでいます。



取材日は購入者の内覧会が開催されていました。通常は外観や外構は完成した上で開かれる筈ですが、スケジュールが遅れていたのでしょうか。



外装には小憎い演出も散りばめられています。トアロードと山手幹線の交差点に面した柱には壁時計が造り付けられました。



大きな存在感を誇るマンションが出現しました。東西に細長い敷地で真南には既にタワーマンションが聳えていた為、マンション用地としてはなかなか難しい環境だったと思いますが、随所に見られる工夫でかなり早い段階にて全戸を完売すると人気ぶりでした。完成が楽しみです。夜間には昼間以上にその存在感が際立つのではないでしょうか。竣工後にはその様子を取材したいと思います。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. うぃちた より:

    タワーじゃなくてもこれくらいの高品質のマンションが増えるといいのですが、神戸市の規制がじゃまですね
    草臥れた中小ビル、マンションをなんとかしたほうが都市の格は上がりそうなものですが、まぁ変わらんのでしょうね。

  2. ヒーコ より:

    ワコーレの高級マンションだったんですね! 公団住宅かと思ってました(汗)

ヒーコ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です