こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

08« 2018 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

地域探訪: コンラッド大阪(中之島フェスティバルタワー ウェスト)から眺める大阪の夜景 

conrad08.jpg

朝日新聞社と朝日ビルが大阪・中之島の自社保有地の大規模再開発を完了させ、中之島フェスティバルシティが完成しました。四ツ橋筋を挟んで堂島川のほとりに立っていたフェスティバルホールを含む新大阪朝日ビルと朝日新聞大阪ビルを地上200mの国内最大級のツインタワーへと建て替えた巨大プロジェクトです。

西側のフェスティバルタワーウェストは地上40階 地下4階で低層部は商業施設、美術館、6-32階はオフィス、そして33-40階がヒルトンの最高級ホテルブランドである「コンラッド大阪」です(写真上でもビル上層部に線が入って、カーテンウォールの形状が異なるので、ホテル部は分かりやすいと思います)。

敷居が高くて、なかなか足を踏み入れる事はありませんが、先日、仕事の関係で訪問する機会を得ました。

conrad05.jpg

38階でエレベーターを降りると、3層吹き抜けの大空間の前に大阪都心のパノラマビューが広がります。思わず、お〜!と声が出てしまいました。

IMG_9412.jpg

北側は堂島や北新地を見下ろしながら、梅田の超高層ビル街を望む形です。立派な高層ビル群に成長しました。伊丹空港による航空法高さ規制で、最も需要のある梅田に突出した高さのビルが建てられないのは残念です。

conrad07.jpg

西側は中之島の高層ビルが至近距離で縦列しています。

conrad02.jpg

土佐堀川の夜景です。神戸の都心には川が流れていないので、ビル街に川が流れていたり、幾つもの橋が架かっている様は良いですね。中央奥で緑に光るのは天保山の観覧車です。

conrad04.jpg

南側の眼下には阪神高速を走る車がビル街を走り抜けます。

conrad03.jpg

四ツ橋筋を中心とした中央区、西区、難波区、天王寺区に渡り広がる夜景パノラマです。中央奥左に見える突出した光のタワーは阿倍野ハルカスです。

conrad06.jpg

開放的な吹き抜け空間にはゴージャスな螺旋階段があります。関西トップの高級ホテルとして素晴らしい空間です。この日は立食パーティーでしたが、料理の質も素晴らしく、流石といった感じでした。

conrad09.jpg

フェスティバルシティはツインタワーで、もう一方のイーストは商業施設、2700席の音楽ホール、オフィスから構成される地上39階 地下3階の超高層建築です。

フェスティバルシティの機能にバスターミナルと図書館を加えると、規模の差はあれど、三宮のバスターミナルツインタワーに近い複合施設です。

conrad10.jpg

200mのツインタワーは圧巻です。三宮のツインタワーは170mと140mといったところでしょうか。ただI期ビルの上層部6フロアは高級ホテルになるものと想定されます。流石にコンラッドは難しいでしょうが、三菱地所の力で外資系グローバルの有力ホテルを誘致して欲しいと思います。フェスティバルシティを訪れて、三宮にもこのような素晴らしい施設ができると考えると、とても楽しみになってきました。

ちなみに今回の夜景写真は全てiPhone8Sで撮影しています。デジタル一眼レフの高精細さや解像感はありませんが、スマホカメラでしかも手持ちの夜景撮影がこのレベルに達している事は驚愕です。

関連記事

category: 大阪

thread: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - janre: 地域情報

2018/09/22 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

「えき=まち空間基本計画」発表 三宮交差点地下に130mエスカレーター整備 

2017aerial09.jpg

18日に神戸市がかねてから構想を練ってきた「三宮クロススクエア」を含み、エリア内にある6鉄道駅を1つとしてみなす「えき=まち空間」の基本計画を発表しました。内容的にはこれまで基本構想で触れられてきた内容がほぼ踏襲されており、特に目新しい情報はありませんでした。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/09/20180918162001.html
神戸三宮「えきまち空間」基本計画の策定

しかし神戸新聞がこの内容の一部について掘り下げ取材を行ったのか、面白い記事を掲載しました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201809/sp/0011653491.shtml
三宮の6駅つなぐ130mエスカレーター設置へ JRや私鉄、地下鉄

これによると、「鉄道の乗り換えを円滑にするため、6駅の改札口の動線をつなぐエスカレーター設置を検討。地上と地下の3フロアの改札をつなぐエスカレーターは計130メートルに及ぶ可能性がある」というのです。

scra006.jpg

「エスカレーターは、阪神神戸三宮駅の西改札口付近と、JR西日本が建て替えを計画している新しい駅ビル内を貫く形で、地上2階のポートライナー三宮駅の改札口を結ぶルートを想定。エスカレーターは地上で踊り場に出て、新たなエスカレーターで2階へ上がる。JR三ノ宮駅の改札口とも行き来しやすくする。」

ekimachikukan.jpg

これは今回、市の発表した基本計画の中で、歩行者動線の改善として、折り返しの無いスムーズな動線の確保・構築を目指す事が示されていますが、この具体化案を神戸新聞が報じたと言ってよいでしょう。

scra01.jpg

現実的にエスカレーターが設置される阪神神戸三宮駅西口改札付近とはどの辺りを設定しているのでしょうか。

sanchika18.jpg

地上部を考えると、この円形のパネルがある広場の奥辺りから一段目のエスカレーターが設置されるものと推測出来ます。

sanchika11.jpg

新しいJR駅ビルは駅前広場を使って南側にせり出してきますり同ビル地下階は旧駅ビル同様に少なくとも2フロアを店舗とするでしょうから、この円形天井広場は駅ビル前の広場となりますので、大幅な改修や再編が行われると思われます。

阪神神戸三宮駅やさんちかのリニューアルと共にこの地下通路空間も天井改修や柱の美装化が実施されてまだ日は浅いですが、このエリアの大規模改造の為にこれを管理する神戸地下街の株をJR西日本グループが取得したのは4年前。

ここから繋がるエスカレーターは新駅ビルを貫いて、ポートライナー三宮駅の改札へと連絡するという事ですが、それだけでは今の駅東側にあるポートライナー駅改札とは連絡する事は難しく、恐らく8両化される為に駅ビル内に拡大される同駅の西側に新改札が開設されるのではないかと推測します。この新改札と新たなエスカレーターが結ばれると考えると、130mというのは現実的です。

scra15.jpg

駅ビルの建設と共に三宮クロススクエアの整備が同時に進み始める絵が少しずつ見え始めました。スクエアの地下となるこの地下空間はある意味、最も重要な各鉄道駅間の結節点としての役割を果たす事になるのではないかと思われ、今後、大規模な工事が予定されるでしょう。今以上に開放的な空間構成に生まれ変わる事は間違いなく、劇的に変化するものと思われます。

ekimachikukan02.jpg

「JRの新ビルには地上に広い動線を設け、三宮クロススクエアと三ノ宮駅の改札口を行き来しやすくする構想も示した。」

上記のパースは2025年頃の三宮クロススクエアを想定して描かれていますが、うっすらとJRの新駅ビルが確認できます。そのビルの南角中央から奥北側に向かって貫く通路も確認できます。これがJR改札とクロススクエアを結ぶ駅ビル地上階の動線でしょう。梅田の阪急ビルを彷彿とさせるビル内の通路動線です。

梅田・大阪駅周辺も地上、地下を含めて大改造が続いていますが、三宮も今後は、なかなかの規模での大改造が始まる事を改めて実感し、期待に胸を膨らませる事ができる神戸新聞の記事内容でした。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/09/21 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事 + 神姫バス神戸三宮バスターミナル 

sotetsu42.jpg

旭通5丁目で建設中のビジネスホテル「相鉄フレッサイン神戸三宮」。鉄骨造の地上14階建ての建物ですが、現在進められている鉄骨建方の作業もいよいよ大詰めを迎えています。

sotetsu43.jpg

最後の1列の鉄骨建方と北側非常階段の構築が行われています。鉄骨の上には小ぶりながら、タワークレーンも登場しました。

sotetsu45.jpg

仮囲いには相鉄フレッサイン神戸三宮のロゴや2019年春オープンの広告案内も入りました。

sotetsu46.jpg

なかなか規模の大きな鉄骨造です。2019年に初開業するホテルはこのプロジェクトか、乙仲通のレイアホテル神戸元町のどちらかになるのではないかと思われます。

さて、このホテルの開業する三宮東エリアは今後、劇的に変化を遂げる事が予想されます。先日、雲井通のバスターミナルビルについて再開発の事業協力者に三菱地所を含む企業グループが決定しました。

2025年にはI期ビルが完成しますが、このホテルはその再開発ビルとはあじさい通りを挟んで向かいに立つ為、バスターミナル利用者にも非常に利便性の高い宿泊施設になります。

shinkibusta01.jpg

また現状においても、神姫バスの神戸三宮バスターミナルにも近接しているので、すでに利便性に優れているのです。

さて、バスターミナルI期ビルの完成によって既存のターミナルの再編が開始されると思われますが、まず真っ先にこの神姫バスが新ターミナルへ移転する可能性は非常に高いでしょう。

shinkibusta02.jpg

小さな待合やチケットカウンターとバスの出入りの度に係員が通行を止めて、バスが発着する名物風景も7年後には姿を消します。そしてこの場所には代わりにJR三ノ宮駅の新しい改札が開設されるものと思われます。駅ホームも東に拡大されて新改札やコンコースとの連携を図り、駅ナカ店舗等も整備されて、賑やかで繁華な場所に様変わりするでしょう。

shinkibusta03.jpg

バスターミナルビルに面する新たな駅前広場も整備が必要になる為、現在は雑居ビルの密集するこの三角地も玄関口として整地の上、電柱地中化と緑化によってシンボリックで潤いのある駅前空間になる必要があります。その場合もフレッサイン神戸三宮はその新たなスクエアに面する一等地に立つホテルになるのです。ただその頃には旭通5丁目も更なる土地集約や街区再編が行われるかもしれませんので、東横イン神戸三ノ宮IIのように老朽化する前に建て替えという話も考えられるかもしれません。そのせいかパースを見る限りはこのホテルは建物外装にはあまりお金が掛かっていないように見受けられます。東急REIホテル神戸三宮やBRENZA HOTELのある街区もバスターミナルビルと合わせた再開発III期地区として扱われています。10-15年後を目処に再開発が行われるかもしれません。三宮東地区の今後の変貌ぶりとそのポテンシャルは神戸一かもしれません。

関連記事

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/09/20 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top