こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

新港突堤基部西地区再開発 

pierwest42.jpg

昨年度末までに全ての既存建物が解体撤去され、完全な更地になった上で事業者に譲渡された新港突堤基部西地区。今秋から一部の建物は着工するものと見られていましたが、スケジュールに遅延が出てきているようです。仮囲いが設置されて一体化された北側のA地区は更地のまま3ヶ月が経過しました。

pierwest39.jpg

しかしここに来て現場で動きを確認する事が出来ました!

pierwest38.jpg

地質ボーリング調査が開始されました。手前は住友不動産と関電不動産開発が計画するツインタワーマンションの建設予定地です。奥にも櫓が見えます。ジーライオンの新本社ビルの予定地です。

pierwest40.jpg

地質調査が開始された事でいよいよ実際に工事を始める準備が開始されている事を実感できます。

pierwest41.jpg

敷地の奥の東側でも地質調査が進んでいます。駐車場棟辺りでしょうか。A地区の着工タイミングは半年後位の年明けを予想しています。

pierwest43.jpg

当初より来年の着工が予定されているB地区はまだ何も動きがありません。この新港突堤の再開発が進むと神戸のウォーターフロントの景観は劇的に変化し、ハーバーランドから突堤地区へと広がりが生まれます。ウォーターフロントの景観では横浜に近年、大きく水を開けられてしまいました。規模ではとても敵いませんが、三宮と合わせた連続的で総合的なまとまり感では横浜とはまた異なる都会的な景で勝負できるのではないかと思います。新港突堤の再開発第二弾にも期待しています。三宮は色々と構想は出てきていますが、具体的に目に見えて開発が進んでいるのは唯一、神戸阪急ビルのみでその他のプロジェクトはまだ少なくとも向こう2年は現状のままです(JRの既存ビル解体は少なくともこの間に開始されるかとは思いますが)。なかなか変化の見えない三宮を尻目にウォーターフロントは先行して変化を遂げ始めます。その秒読みが開始されました。

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/05 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 14

go page top