こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

ヤマトヤシキが会社の清算検討 姫路店は解体 

himeji94.jpg

姫路と加古川に店舗を持つ創業112年の老舗地場百貨店ヤマトヤシキが会社の清算を検討しているようです。姫路店が業績不振に陥り、加古川店では支えきれなくなりました。一時はラオックスが出資して、会社の建て直しを図ろうとしていました。老朽化する姫路店の順次改装を行っていた矢先の話だったので、地域での驚きは大きいようです。会社は清算された上で、新会社が従業員を再雇用し、加古川店のみを同屋号名で存続。姫路店は解体し、建て替えによって商業、ホテル、住宅等を選択肢とした新たな活用策を検討するようです。

himeji123.jpg

姫路店の業績悪化の直接的な原因は2013年に開業した新しい駅ビルであるピオレ姫路です。この駅ビルの集客力は高く、姫路都心部の商業地図を塗り替えました。また駅前再開発によって、テラッソ姫路の開業、地下街グランフェスタの改装等、駅前地区に集中した商業集積によってオーバーストアの傾向が表れてきました。

himeji25.jpg

それまでに姫路でも郊外モールの出店による競争激化から、中心部商業施設の売上は減少に転じており、地方や都市郊外百貨店の苦しい状況は姫路でも表面化していました。そもそも立地性においても駅前から離れたヤマトヤシキは不利な状況にあり、その上に建物の老朽化が進んで、ハード、ソフト両面で最新の商業施設に対抗する術はありませんでした。同様の環境にあったフォーラス姫路店はイオンの手を持ってしても再起は不可と考えられ、ヤマトヤシキよりも先に閉店しました。

himeji17.jpg

唯一、地場百貨店の山陽百貨店のみが生き残りを賭けて奮闘しています。

しかし姫路はこれから再開発が本格化する神戸・三宮との競合激化にも晒される事になります。

姫路で起きている競争力を保てない商業施設の淘汰は神戸の都心でも起こり得るでしょうか。三宮駅周辺地区への商業集積が三宮センター街や元町エリア、そしてハーバーランドへどういう影響をもたらすのか。姫路ではヤマトヤシキやフォーラス等、駅から離れた商業施設は老朽化によってピオレの進出前から競争力を落としていましたが、神戸の場合、三宮から離れた大丸神戸店はそごう神戸店の売上を2倍近く引き離して地域1番店の座を守り抜いています。センター街も神戸随一の通行量と集客力を誇ります。またハーバーランドはウミエを中心として都心と一線を画す路線で差別化に成功しています。またこれらの商業施設やエリアは三宮駅前地区への一極集中に対して、対抗措置を図る可能性が高いです。しかし元町より西側は商業地区としては集客に苦戦する展開が考えられます。

姫路は県都でない中核市の中では群を抜いて洗練されて風格のある駅前空間を造り上げました。しかしその光の裏には時代から取り残されてしまい、競争について行くことのできない影も存在し得るのだという事を考えさせられます。神戸でも大なり小なり似たよう出来事が起こる事は不可避なのかもしれません。しかし手をこまねいていれば、神戸全体が沈んでしまいます。兵庫県の転出超過は全国ワースト3位、神戸市からも若者の首都圏への転出に歯止めが掛かりません。都心力=都市力と考え、神戸、姫路共に都心の進化を進めていかなければなりません。


category: 姫路

2018/02/03 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top