こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

08« 2018 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

大建興産三宮1丁目PJ計画 

southwest02.jpg

ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック

神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています。これまでの状況をご報告致します。

有効コメント数合計:124
男性:112 女性:12
10代:11
20代:32
30代:34
40代:25
50代:19
60代:3

コメント入力スピードも鈍化している為、150件を目途に市への提出を考えています。あと残り26名の方からのコメントお待ちしております。何卒宜しくお願い致します。


JR三ノ宮駅前は三宮町1丁目という超1等地で解体中だったスロット店。数年前に老朽化を理由として閉店後、閉鎖されていましたが、今春から突然、解体工事が始まりました。この時点での単独解体に対し、様々な憶測が飛び交いましたが、工事名が「三宮1丁目PJ計画解体工事」との名称から、単独建て替えという悪夢の可能性が色濃く漂っていました。

southwest03.jpg

そしてその可能性は確信に変わってしまいました。仮囲いにこの敷地に建設が計画されている建物の完成予想パースが掲示されたのです!

southwest04.jpg

三宮駅前を彩る新テナントビル
プロジェクト、始動!
大建興産

パースを見る限り、地上11階建てのテナントビルでカーテンウォールをファサードに採用したモダンな建物になりそうです。大きな塔屋も備えており、高さは50m程ありそうです。

この場所でなければ大歓迎したいスタイリッシュなビルの建設計画ではあります。

southwest05.jpg

建物最高部は隣のビルのアコムの看板を遥かに上回ります。かなり突出した建物になりそうです。パースからは分りませんが、建物の東側側面の外壁がどう処理されるのかも非常に気になります。

southwest06.jpg

既存建物が解体されて初めて分かりましたが、敷地はおかしな形状の変形地です。この形状に合わせて新築ビルが建設されるのでしょうか。

southwest07.jpg

三ノ宮駅と神戸マルイを繋ぐデッキから見てもかなり目立つ存在になりそうです。高さが突出していますし、周囲の建物とは相容れない最新の建物になるので、全く調和感は無いでしょうね。

この三宮1丁目の南西街区はブロックを一体的に再開発する事が強く望まれています。しかしながら今年になって三宮フューチャープラザ跡地に建て替えられた商業ビル「スタイルプラザ」が竣工。それにこの建物が続く形です。街区内でどんどん単独建て替えが進むと再開発がより困難になりかねません。低層の老朽化したスロット店があるよりは遥かにマシではあるのですが、この立地を考えれば、低金利且つ融資が容易でしかも地価も高騰中な現在を考えれば、有効活用をしたいというのは当然でしょう。将来的な再開発を睨んでも、クオリティの高い上物が立っていれば高値での取引が期待できます(売却する事を前提としていればの話ですが)。

ひとまずは新ビルの低層部にスロット店やパチンコ店が入店しない事を切に願います。

今回のプロジェクトを手掛けるのは大建興産。現在、栄町通に本店を置く不動産会社ですが、主要事業は住宅開発です。

southwest08.jpg

三宮の再開発は一筋縄では行きませんね。非常に困難を極めます。本当に高層ビルの高さやタワーマンションを規制したりしている場合ではないです。いかにこうした小規模開発を抑えて一体的で集約化した再開発を促す事に力を注ぐべきです。タワーマンションよりも老朽化したビルや商店、駐車場跡地に無数に建設されている相続税対策用の賃貸マンションの方が街にとって遥かに大きな脅威です。これらのほとんどは街造りや賑わい等はほとんど考慮されていません。規制をするなら寧ろこうした建物であるべきはずです。

category: 大建興産三宮1丁目計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/09 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top