こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

08« 2018 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アパホテル神戸三宮駅前 計画にストップ!?着工延期? 

apahotel10.jpg

下山手通2丁目の生田神社の南側で計画中のビジネスホテル「アパホテル神戸三宮駅」。敷地面積550.23平方メートルの土地は以前は低層店舗と駐車場でしたが、アパホテルが取得して一体的に開発し、地上13階建て 延床面積2,680.48平方メートル 176室のホテルを建設する予定でした。仮囲いが設置され、埋没遺跡の発掘調査後には着工すると見られていましたが、仮囲いが撤去されてしまいました。

apahotel11.jpg

砂利で整地されて駐車場の看板が立ちました。一体何があったのでしょうか。着工目前の寸止め劇です。着工延期か計画の白紙撤回か。駐車場は砂利の地面にロープを張って駐車場スペースの線を示す簡易的な造りであり、すぐに着工する事が可能です。ただ裏を返せば、簡単に売却する事も可能なので、今後の動きに注視しなければなりません。

アパのような資金力も豊富で迅速に物事を進める会社が突然、計画を変更するのには相当の理由があるはずです。

apahotel01.jpg

アパの公式リリースでもこの開発用地取得は発表されているだけに、今回の突然の駐車場転換の背後には何があるのでしょうか。背後と言えば、この用地の背後で解体されているホテルモントレ神戸は順調に工事が進んでいるようです。

apahotel12.jpg

この二つの敷地は東西に接していますので、可能であれば二つの土地を集約してより大きな開発を目指して欲しいというのが理想です。もしやそういう形での計画変更なのであれば万々歳ですが、どうでしょうか。もっと言えば、更に南隣のホテル・ザ・ビーも合わせて敷地を集約した三社共同の大型ホテル化なんて事にならないかな〜と勝手に妄想したりしていますが、実際のところ、プロジェクト頓挫という結末だけは見たくないですね。今後の動きを見守りたいと思います。

※追記ですが、やはり駐車場は暫定利用とし、数ヶ月後には着工の予定との事です。

category: アパホテル神戸三宮駅前

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/18 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

(仮称)アパホテル神戸三宮駅前新築工事 

apahotel01.jpg

下山手通2丁目は生田神社の西側、東急ハンズの裏手にあった神戸A-1ステーキ神戸店等が営業していた建物が解体されました。その後背地と合わせた敷地を集約し、(仮称)アパホテル神戸三宮駅前が建設されます。地上13階建て 延床面積2,680.48平方メートルの建物で設計はIAO竹田設計が担当します。

apahotel06.jpg

神戸A-1ステーキ神戸の建物はすっかり姿を消しており、仮囲いが設置されました。

apahotel07.jpg

敷地面積は550.24平方メートルです。

偶然ですが、TBS/MBSで放映中の「がっちりマンデー」にアパホテルの創業者であり代表である元谷外志雄氏が出演していました。同氏は未だに出店地の取得については必ず自身が足を運んで現地確認をするそうです。この土地も同氏が確認をしに来た事になります。ビジネスホテルに適した用地は駅に近く、二面が道路に面した細長い土地との事。今回の三宮の進出地は同氏のお眼鏡に叶ったようです。それもそのはず。周辺には旧ホテルモントレ神戸、ザ・ビー等のビジネスホテルが密集しています。三宮駅からも程近い繁華街のど真ん中でありつつ、一歩裏手なので一定の静かさも保てる好環境です。

アパグループは440ホテル、74,023室(建設中を含む)を擁する日本最大のホテルチェーンです。個人的には数軒しか宿泊した事はありませんが、1軒は可もなく不可もなく、もう1軒はチェックイン時に不快な思いをしました。ホテル数の急増は人の教育が追いつかないという側面も持ち合わせているかと思います。

しかし同代表の言葉で「社員には責任は取らせない。リスクは全部俺が取る」という言葉はズシンと重さを持っていました。スピード感を以てという言葉をよく耳にしますが、アパのやっている事が本当のスピードだと思います。土地の取得にスピードが求められる際は自身のポケットキャッシュで100億円を出すそうです。

一概に民間と地方自治体を比べる事はできませんが、しがらみの無い同代表は自分の信じる道を進みます。人の意見に耳を傾ける事は確かに時には大事ですが、聞き過ぎると迷いが生じます。

apahotel08.jpg

アパホテルの建設地の真裏で解体の進むホテルモントレ神戸。すでに低層部が完全に姿を消し始めています。

apahotel09.jpg

まだこの場所に建設されるホテルの概要は固まっていないようですが、規模的には前ホテルと同様となるようです。新築ホテルや建て替えが進む生田新道周辺のホテル群。もしかしたらザ・ビーも建て替えられるかもしれませんね。

category: アパホテル神戸三宮駅前

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/03 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)アパホテル神戸三宮駅前新築工事 

apahotel04.jpg

生田神社の西側、東急ハンズの裏手にある古い低層の建物。神戸A-1ステーキ神戸店等が営業していた建物ですが、現在は閉鎖されて、ひっそりしています。この場所にまたまた新しいホテルプロジェクトが浮上します(読者のりょうさんに情報を頂きました。ありがとうございました)。

apahotel02.jpg

進出するのはアパホテル。(仮称)アパホテル神戸三宮駅前として地上13階 延床面積2,680.48平方メートルのビジネスホテルが計画されています。設計はIAO竹田設計が担当。神戸では数多くの共同住宅プロジェクトを手掛けている設計事務所です。

apahotel01.jpg

外観デザインは最近のアパホテルシリーズの基本コンセプトに沿っています。アパとしてはアパホテル神戸三宮に次ぐ二軒目のホテルとなります。神戸に複数のホテルを進出させているのはこれまで東急REI、東横イン、サンルート、クラウンパレス/パールシティのみでしたが、アパ、ルミナス、神戸プラザホテル、リブマックス等が次々と二軒目を計画中です。

apahotel03.jpg

敷地は更地となっている東側部分と合わせて一体的に開発されます。隣接するのは解体中のホテルモントレ神戸です。

apahotel05.jpg

裏手通りですが、繁華街の真ん中にあって三宮駅にも近接しており、ビジネスホテルの立地としては抜群に利便性の高い一等地と言えます。近隣にはホテル・ビーやモンテエルマーナも立地し、ホテルがひとつに固まっています。このエリアでは今後も老朽ビルの建て替えによるホテルの新設や既存ホテルの建て替えが進んでいく可能性があります。

神戸のホテル建設ラッシュはこれまで大阪や京都の補完的要因が色濃かったですが、それだけでは説明できない程のホテル計画数になってきました。三宮の再開発による不動産投資熱の高まりに加え、来月に民営化される神戸空港への期待値を含んでいるのではないかと推測します。

category: アパホテル神戸三宮駅前

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/13 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top