こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

08« 2018 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

垂水駅前中央東地区市街地再開発事業 

tarumichuo01.jpg

JR・山陽垂水駅北側で予定されている再開発プロジェクト「垂水駅前中央東地区市街地再開発」。野村不動産を事業パートナーとし、約7,000平方メートルの開発用地に地上30階 地下1階 延床面積40,100平方メートル 住戸数270戸のタワーマンションを中心とした複合再開発ビルを建設します。今年度に都市計画決定し、来年から既存建物の解体工事に着手予定です。工事が実際に始まる前の現地の様子を取材しました。

tarumidev05.jpg

事業予定地は垂水駅前の北東に位置し、北側は垂水センター街に、東側は再開発ビルのレバンテ垂水に面しています。

tarumichuo02.jpg

垂水センター街は地元に親しまれるアーケード商店街です。再開発ビルはこのアーケード商店街の南側の約半分を占める事になります。

tarumichuo04.jpg

西側は狭い路地に面しますが、再開発が進むと道路の幅も拡大される事でしょう。現在は2階建程度の木造店舗や住宅が密集し、耐火の観点からは非常に危険な状況です。

tarumichuo05.jpg

北側は東西方向の道路が通っていますが、今回の事業対象地はこの道路までを含んだ街区一体開発ではなく、境界線はもう数十メートル北にセットバックしています。よって写真手前の店舗や後方のマンション等は再開発に参加しません。

tarumichuo06.jpg

北東角です。最初の写真の真反対にある東側のセンター街入口です。再開発に伴い、アーケードの架け替えや撤廃も考えられます。

tarumichuo12.jpg

今回の事業予定地で最も大きな面積のウェイトを占めるのは垂水廉売市場です。再開発の始まるのをひっそりと待っている状態です。

tarumichuo03.jpg

まだ市場のひっそり感を除いては再開発が計画されている事を伺わせる様子は見られません。唯一、店舗シャッターにまちづくりニュースが貼られており、再開発組合発足を伝えていました。

tarumichuo08.jpg

垂水駅北側は90年代初頭来、神戸市主導で再開発が行われました。最も東側のレバンテ垂水は約3.2ヘクタールに1-3番館の3棟で構成される再開発ビルや垂水区役所、駅前の公共広場を整備。最も新しく規模の大きな写真の1番館は地上15階建で主に店舗と住宅から成る2000年竣工の再開発ビルです。キーテナントにCO-OP垂水が入居。

tarumichuo11.jpg

西側は約2ヘクタールの用地をウェステ垂水として再開発。ツインビルの低層部を商業施設で連結し、中核テナントにイオンが出店しています。

垂水中央地区はこれらの先行再開発地区に挟まれており、今回の東地区を皮切りに、最終的には全体の再開発へと繋げる構想です。尚、野村不動産は残りの中央地区においても事業パートナーとして参画する予定です。同社は積極的に地域の再開発の事業協力者となる事を方針戦略に掲げており、兵庫県内でも明石駅前、阪急塚口駅等の再開発にも参画しています。

tarumichuo09.jpg

垂水駅はJRと山陽電車が三宮以西で初めてランデブーする連絡駅の役割を担い、JRも快速を停車させます。駅前は市バスや山陽バスの拠点ターミナルとして機能し、駅北側の丘陵地に広がる広大な住宅地である舞多聞地区の玄関口としての役割も担ってきました。JR垂水駅と山陽垂水駅を合わせた乗降客数は約75,000人にも上ります。垂水駅前は今後、野村不動産によってツインもしくはトリプルタワー化され、プチ武蔵小杉になる可能性も秘めているかもしれません。

category: 垂水駅前再開発

2018/08/31 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

垂水再開発は規模拡大!野村不動産が事業協力者に決定! 

tarumidev02.jpg

地上25階 高さ約91.6m 延床面積36,400万平方メートルの商業・共同住宅(220戸)の規模・構成で来年度に都市計画決定される予定だった垂水駅前中央東地区市街地再開発事業。なんと地上30階 地下1階 延床面積40,100平方メートル 住戸数270戸に規模拡大することになりました!

同再開発を巡っては幾度となく、計画が迷宮入りするたびに規模が縮小されてきました。最終的に規模が拡大するというのは非常に珍しいケースです。景気拡大の追い風にうまく乗ることができると判断されたのでしょう。

また再開発の民間事業協力者も決定。コーディネーターは野村不動産となり、同社からも公式にプレスリリースにて発表されました。

https://www.nomura-re-hd.co.jp/cfiles/news/n2018020101388.pdf

野村不動産プレスリリース

papios022.jpg

野村不動産が事業協力者として参画した駅前市街地再開発の例としてはJR明石駅前の再開発が記憶に新しいです。プラウドタワー明石(地上34階 地下1階 住戸数199戸)は即日完売するほどの人気ぶりでした。

垂水のケースも快速停車駅の駅前商業地区という好立地が評価されたのでしょう。規模拡大は野村不動産の自信の表れかもしれません。

25階の計画で最高高さは90mを越えていたので、5階分のフロア増によって高さは100mを越える超高層ビルになる事はほぼ間違いないと思われます。

tarumidev05.jpg

野村不動産が入る事でマンションは同社ブランドのプラウドタワーに命名される事になるでしょう。神戸市内では3棟目のプラウドタワーになります。

同社は最近、地方都市での再開発コーディネーターへの参画を積極的に進めているようで、兵庫県下でも明石に続いて阪急塚口、垂水と立て続けに新規の計画に参画しています。

再開発ビルは予定通り、本年度の都市計画決定の上、再開発組合を発足。既存建物の解体を2020年より開始。2021年度の着工、2023年度の完成を目指します。

category: 垂水駅前再開発

2018/02/06 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

垂水駅前中央地区市街地再開発事業 

tarumidev02.jpg

JR垂水駅北側の敷地約7,000平方メートルで計画されている垂水駅前中央東地区市街地再開発事業。垂水駅前中央東地区市街地再開発組合が地上25階 地下1階、高さ91.6m 延床面積約36,400万平方メートルの商業・共同住宅(220戸)から構成される再開発ビルを来年度の都市計画決定及び2021年度の着工、2023年度の完成を目指している事が判明しました。

tarumidev03.jpg

垂水駅前神田地区ではもうかれこれ10年以上前から再開発事業が検討されてきました。一時は地上33階 地下1階 延床面積約33,400平方メートルの再開発ビルが具体的に計画されていましたが、その後、地上27階 地下1階 延床面積34,100平方メートル 総住戸数146戸という規模を縮小した計画修正案が再度示され、2007年着工、2012年の完成というスケジュールが策定されました。しかしながら一部地権者の同意を得られなかった事から頓挫。膠着状態のまま10年の歳月が流れました。

再開発の難しさを乗り越えながら、ようやく前進を果たす事になりそうです。この再開発が完了すると、須磨駅を除く神戸市内のJR神戸線・山陽本線の快速停車駅の駅前周辺には必ずタワーマンションが聳える光景が広がる事になります。

tarumidev04.jpg

総事業費は118億円。その内、49億円を兵庫県が補助します。再開発ビルは高層棟と低層棟の2棟構成で、それぞれの1-2階は店舗となります。

tarumidev05.jpg

今回の事業地域は垂水駅前中央地区(約3ヘクタール)の北東地区の一部であり、再開発準備組合は地区全体から形成されています。今後も垂水駅前は大きく変貌を遂げていくものと思われます。

category: 垂水駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/29 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top