こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

familiar 新・神戸本店は9月8日オープン 

familiahonten04.jpg

子供服大手のファミリアは元町にあった神戸本店を閉店し、新しい神戸本店を旧居留地の西町に移転オープンします。その開業日が9月8日と発表されました。また新・神戸本店の公式サイトも開設され、新店の概要も詳細が記載されています。

https://www.familiar.co.jp/kobe/index.html
familiar神戸本店 公式サイト

familiahonten01.jpg

大丸の南側にあった商業ビル「ジーニアスギャラリー」が閉鎖され、その建物をファミリアの新本店へと改修する工事が進められています。ファミリアは一昨年前に相生町にあった本社屋と近代建築のファミリアホールを売却しており、三宮・磯上通にオフィスを移転しています。今回の本店の移転と新店舗の改装工事はこの本社売却によって得た資金を攻めの投資に活用したと推測します。

familiahonten03.jpg

「子供の個性を豊かにはぐくむ」をコンセプトに店舗デザインを京都・宇治川のアートスタジオ「SANDWICH, INC」が手掛けました。ド同社はサンドイッチ工場跡をリノベーションしたスタジオで、アート、建築、デザインなどの異なるジャンルのクリエイターが終結。建築チームは国内外の公共施設や商業施設、住宅や展示等を手がけているそうです。

店内にはシンボル的な大階段が設けられるようです。店舗面積2000平方メートルという巨大な新店だけに空間構成には余裕があります。

その他、その広さを使って単なる物販だけに留まらず、様々なコト消費の仕掛けが散りばめられる予定です。

1. アトリエ: ママが参加できる様々な創作イベントが開かれます。
2. ラボ: ママと3歳までの子供を対象とした教育教室
3. リラクゼーション: ママの癒しの場
4. レストラン:  ビュッフェ形式のオーガニック食材を中心としたレストラン
5. カフェ: 有機野菜のジュースやオリジナルブレンドコーヒーを提供
6. 小児科診療所: 乳幼児期特有の診療を中心に、小児科疾患に幅広く対応
7. 託児所: ファミリア神戸本店・大丸神戸店の利用者を対象(有料) 

なかなか子育てママ・世代の心をくすぐるサービス内容で平日・休日問わずの集客を狙った構成です。

familiahonten02.jpg

今回の新しいファミリア神戸本店移転劇は大丸の別館であるデビスビルを活用するという形で実現しました。先月には近隣の前町でブルーボトルコーヒー神戸カフェがオープンしたばかりですが、このファミリア神戸本店誘致もJフロントリテイリングはアーバンドミナントと呼ばれる経営戦略展開の一部として考えられます。攻めの投資に転じたいファミリアと集客力のあるテナントを旧居留地に面的に展開したい大丸の両社の思惑が合致して、実現したプロジェクトかと思われます。

大丸は三宮再開発を睨んで、大丸神戸店及びその周辺の開発に今後、積極的に投資をしていく事を示唆しています。私が提唱している大型駐車場を活用した再開発も現実味を帯びてきているかもしれません。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/05 Sun. 08:26 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

ブルーボトルコーヒー神戸カフェが7月20日にオープン! 

bluebottle09.jpg

サードウェイブと呼ばれる米国西海岸発祥のエスプレッソコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」が国内9店舗目、関西では京都に次いで2店舗目となる「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」を7月20日(金)に開業させました。

bluebottle07.jpg

出店場所は大丸神戸店の南側にあるNTT西日本新神戸ビル1階。大丸松坂屋が誘致しました。店舗の外観はとてもシンプルで店名ロゴ等は壁面には無く、ロゴのみが描かれた立て看板を店舗前に置いているだけです。

bluebottle12.jpg

店内も一切の無駄を省いたとてもプレーンな印象。天井、柱はコンクリートを剥き出しで配管も見せています。櫓をイメージした真ちゅう造りのカウンターが目を引きます。

bluebottle11.jpg

奥行のある店内は開放感のあるスペースが広がっており、店舗面積217.8平方メートルに席数は63席を確保。テーブルや椅子もナチュラルで端材を使ってエコな雰囲気満載です。

bluebottle08.jpg

定番のブレンドコーヒーを頼もうと思いましたが、この暑さに負けてコールドブリューを注文。他のアイスコーヒーとは異なり、後味と香りに強い印象があります。他のメニューも試してみたいですね。

bluebottle10.jpg

午前8時の開店からまだ1時間程でしたが、続々とお客さんが入ってきました。昼時前にはもう満席だったでしょうね。暫くはゆっくり楽しみたい方は朝一が無難です。

bluebottle06.jpg

今後、ブルーボトルコーヒーは先行するスターバックス等のように国内展開を積極的に拡大していくでしょうか。スタバはもうコンビニ並みに増えすぎた印象があります。手軽にそこそこ美味しいコーヒーはもうどこでも飲めるようになったので、カフェ業界の競争は熾烈さを増しています。話題店の神戸出店は嬉しいニュースですが、継続的に流行ってくれると良いですね。旧居留地内のカフェはどちらかと言うと、東側に集中している傾向がありますが、どこも人気です。ただチェーン店は無く、独自性を発揮して集客しているので、ブルーボトルコーヒーにも頑張って欲しいと思います。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/23 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

ブルーボトルコーヒー神戸カフェは旧居留地に7月20日オープン! 

bluebottle04.jpg

神戸にて国内9店舗目の開業が報じられていた米国のコーヒー専門店であるブルーボトルコーヒーは7月20日に「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」をオープンすると発表されました。

当ブログでは旧居留地のホテルヴィアマーレの1階を出店場所として予想していましたが、見事に外れました。正解は前町のNTT西日本新神戸ビルの1階でした。一応、写真は撮っていたのですが、間口が小さく場所もちょっと微妙かと思ったので、ヴィアマーレを推したのですが、軍杯はNTTに上がりました。読者の方にはこちらではないかというコメントを頂いていましたが、見事に正解です。

bluebottle05.jpg

店舗の規模は床面積217.8平方メートルで63席。営業時間が8:00-19:00。閉店時間が早いのは気になりますが、居留地の中でも前町は特に夜の早いエリアである事を織り込んでいるのでしょう。やはりでしたが、今回の誘致は京都同様に大丸松坂屋が行なったものでした。親会社のJフロントリテイリングはアーバンドミナントと呼ばれる経営戦略を展開しており、大丸や松坂屋、パルコ等の中核となる商業施設を中心として、地域と共に成長するというビジネスモデルの率先を進めおり、これはまさに大丸神戸店が旧居留地で実践し、成功・確立した方法をグループ戦略として採用しているという事になります。今回のブルーボトルコーヒー誘致もその一環ですし、トアロードで建設中の三宮ゼロゲートも同様です。

Jフロントには今後も旧居留地の活性化に大きな期待を寄せています。大規模な資金投資も是非ともお願いしたいところですね。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/22 Fri. 05:58 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

ブルーボトルコーヒーが関西2号店の出店地に神戸を選択 

blue02.jpg

米国のコーヒーショップでシアトル系のスターバックスコーヒー、タリーズ等のセカンドウェイブに次ぐサードウェイブと称される「ブルーボトルコーヒー」が関西2号店となる出店地に神戸を選んだ事が明らかになりました。国内では東京に7店舗を展開中で今年3月に東京以外で初の出店となる「京都カフェ」を開業。焙煎後48時間以内の新鮮な豆を使ったり、注文後にバリスタが1杯ずつ手作業でつくるスタイル等、相当な拘りがあり、「京都カフェ」は築100年の京町屋をリノベーションした形でオープン。建屋にも工夫があるようです。神戸での開業については7月を予定しているようですが、出店地や概要は6月末に明らかになるとの事。開業時期を考えるとすでに内装工事を開始しているものと思われますが、一体どこに出店するのでしょうか。

これまでの出店から裏通りの路面店街という傾向があるようです。この場合、北野、トアロード周辺、乙仲通等が候補に挙げられるのではないかと思いました。

しかし「 京都カフェ」は大丸松坂屋百貨店不動産事業部の「京都・町家プロジェクト」として実現したそうなので、神戸についても大丸が絡んでいる可能性があります。これを前提とすると、出店地は旧居留地になる可能性が高いのではないかと予測し、エリア内で工事の進んでる場所を探してみました。

bluebottle01.jpg

昨年、京町筋のホテルヴィアマーレ1階にあったMIUMIU神戸は親会社のプラダジャパンが明石町筋に自社ビルを建設して移転しました。その後、仮囲いで覆われたまま空きとなった状態が続いていましたが、何やら内装工事が進行中です。

bluebottle02.jpg

もしこの場所に開業した場合、どんな効果が期待できるでしょうか。仲町通は明石町筋から東方向に向けて京町筋まで人の流れはありますが、東になればなるほど通行量が減っていく傾向にあります。京町筋と仲町通の交差点にあるこの場所に話題の店が開業すれば西は大丸から、北はセンター街から人が流れてくる回遊性が生まれるかもしれません。

bluebottle03.jpg

仲町通はこの夏、西側にファミリアの新本店が開業予定です。西と東に話題の新店がオープンする事で旧居留地が盛り上がれば嬉しいですね。ここ最近、路面店の空テナントをちらほら見受けられるのが少し気になります。さて、今回の当ブログの予想は当たるでしょうか。ピーナッツホテルの進出予定地はチャータードビルと予測して見事に外しました・・・。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/04 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 11

go page top