こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

08« 2018 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事 + 神姫バス神戸三宮バスターミナル 

sotetsu42.jpg

旭通5丁目で建設中のビジネスホテル「相鉄フレッサイン神戸三宮」。鉄骨造の地上14階建ての建物ですが、現在進められている鉄骨建方の作業もいよいよ大詰めを迎えています。

sotetsu43.jpg

最後の1列の鉄骨建方と北側非常階段の構築が行われています。鉄骨の上には小ぶりながら、タワークレーンも登場しました。

sotetsu45.jpg

仮囲いには相鉄フレッサイン神戸三宮のロゴや2019年春オープンの広告案内も入りました。

sotetsu46.jpg

なかなか規模の大きな鉄骨造です。2019年に初開業するホテルはこのプロジェクトか、乙仲通のレイアホテル神戸元町のどちらかになるのではないかと思われます。

さて、このホテルの開業する三宮東エリアは今後、劇的に変化を遂げる事が予想されます。先日、雲井通のバスターミナルビルについて再開発の事業協力者に三菱地所を含む企業グループが決定しました。

2025年にはI期ビルが完成しますが、このホテルはその再開発ビルとはあじさい通りを挟んで向かいに立つ為、バスターミナル利用者にも非常に利便性の高い宿泊施設になります。

shinkibusta01.jpg

また現状においても、神姫バスの神戸三宮バスターミナルにも近接しているので、すでに利便性に優れているのです。

さて、バスターミナルI期ビルの完成によって既存のターミナルの再編が開始されると思われますが、まず真っ先にこの神姫バスが新ターミナルへ移転する可能性は非常に高いでしょう。

shinkibusta02.jpg

小さな待合やチケットカウンターとバスの出入りの度に係員が通行を止めて、バスが発着する名物風景も7年後には姿を消します。そしてこの場所には代わりにJR三ノ宮駅の新しい改札が開設されるものと思われます。駅ホームも東に拡大されて新改札やコンコースとの連携を図り、駅ナカ店舗等も整備されて、賑やかで繁華な場所に様変わりするでしょう。

shinkibusta03.jpg

バスターミナルビルに面する新たな駅前広場も整備が必要になる為、現在は雑居ビルの密集するこの三角地も玄関口として整地の上、電柱地中化と緑化によってシンボリックで潤いのある駅前空間になる必要があります。その場合もフレッサイン神戸三宮はその新たなスクエアに面する一等地に立つホテルになるのです。ただその頃には旭通5丁目も更なる土地集約や街区再編が行われるかもしれませんので、東横イン神戸三ノ宮IIのように老朽化する前に建て替えという話も考えられるかもしれません。そのせいかパースを見る限りはこのホテルは建物外装にはあまりお金が掛かっていないように見受けられます。東急REIホテル神戸三宮やBRENZA HOTELのある街区もバスターミナルビルと合わせた再開発III期地区として扱われています。10-15年後を目処に再開発が行われるかもしれません。三宮東地区の今後の変貌ぶりとそのポテンシャルは神戸一かもしれません。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/09/20 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事  

sotetsu37.jpg

鉄骨建方の作業が大詰めを迎えつつある相鉄フレッサイン神戸三宮。地上14階 地下1階 延床面積 5,878.49平方メートル 総客室数271室のビジネスホテルですが、お盆休みもたったの3日間のみで工事が進められていました。ご苦労様です。

sotetsu38.jpg

鉄骨建方もいよいよあと残りの1列のみ。手前のラフテークレーンが稼働している位置までが建築物となります。この部分まで鉄骨が14階まで組み上がると建物の骨格がひとまず完成します。

sotetsu39.jpg

あじさい通りから見上げてもこの通りの存在感です。

sotetsu40.jpg

JR三ノ宮駅の新東改札ができると、このホテルは駅直結の駅ビルホテルを除いては最もターミナル駅に近いホテルとなり、尚且つ新バスターミナルも目の前と交通利便性が非常に高く、飲食店やコンビニ数も豊富なので観光にもビジネスにも優れます。バスターミナルの整備による再開発で俄かに注目を集めている三宮東地区ですが、元々のポテンシャルは飛び抜けて高い+再開発が行われたエリアであるにも関わらず、それらを十分に活かす事が出来ずに雑多なB級商業地に成り下がったままでした。

sotetsu41.jpg

仮囲いに掲示されている労災保険等成立票上の期間は2019年3月末となっていました。よって竣工は来春、ホテルの開業予定も来秋から来春への半年繰り上げになる可能性が高まった!と思ってホテルの公式サイトを除くと、「フレッサイン神戸三宮 2019年春OPEN」と掲載されていました。

外国人訪日客数の成長進捗率は今夏の地震や豪雨の影響を受けて鈍化しました。またその事を受けてインバウンド関連株も株価を下げました。もしかすると今後のホテル計画にも影響を及ぼす可能性がありますが、神戸のホテル建設ラッシュはあまりインバウンド需要に偏ってはいないので、影響は最低限に抑えられるものと推測しています。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/18 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事 

sotetsu29.jpg

旭通5丁目のパーキング跡地で建設中のビジネスホテル「相鉄フレッサイン神戸三宮」の様子です。地上14階 地下1階 延床面積 5,878.49平方メートル 総客室数271室のホテルとなり、開業時期は2019年秋を予定していますが、今の建設スピードだと来春位にはオープンしそうな勢いです。

sotetsu30.jpg

鉄骨建方が進められていますが、南側をまず最上階まで組み上げた後、今度は中央部の建方に着手しています。

sotetsu31.jpg

最終的には今、クローラークレーンがある場所まで鉄骨が組まれるものと思われます。敷地手前の西側の処理はどうなるのでしょうか。現在の建設状況を見ている限り、このホテルには専用パーキングは存在しなさそうです。もしくは第一旭の横にタワーパーキングを建てるでしょうか。その場合、今は良いですが、将来的にJR新東改札が出来て、新しい駅前広場が整備される際には景観的に良くないかもしれません。

sotetsu32.jpg

あじさい通りから見上げるとかなりの迫力があります。

前にも述べましたが、神戸市には早くあじさい通りについて雲井通5・6丁目の再開発に合わせてどうこの通りを再整備していくのか方針を示して欲しいです。バスターミナルビルを囲む4本の道路の内、北側となるあじさい通りと東側の葺合南146号線は整備が遅れており、電線・電柱も地中化されていません。それぞれの道路の拡幅も必須ですが、これはバスターミナルビルの敷地一部を拡幅部に充てる必要が出てきます。

また道路だけでなく、このエリアの再開発についても地元地権者との意見交換や勉強会、ヒアリングはスタートさせているのでしょうか。さもなければ単独建て替えがバラバラと進み、せっかく新たな改札口ができてもチグハグで雑然とした今の街並みを大きく改善させる事はできません。

sunset008.jpg

おまけですが、先日、とても不思議な夕焼けを目撃しましたので、共有させて頂きます。この日は良く晴れてはいましたが、夕方は結構、雲が出てきました。夕日が差し込み始めたので、空に目を移すと、ちょっとギョっとしてしまいました。

sunset009.jpg

まるで「きのこ雲」のような雲でした。それが夕日に照らされて、陰影が生まれ、何とも不気味な積乱雲を作り出していました。よく昔はこういった光景を「世紀末」と呼んでいましたね。次の世紀末はまだ70-80年先なので、この言葉が再び流行る頃にはこのブログは存在していないでしょうね。80年先の神戸はどうなっているでしょうか。今、我々が気を揉んでいる現在の各再開発ビルも再び老朽化を迎えて次の再開発を必要としているでしょうか。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/29 Sun. 07:33 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事  

sotetsu22.jpg

旭通5丁目で建設中のビジネスホテル「相鉄フレッサイン神戸三宮」。敷地内の南側から鉄骨建方が本格化しています。バスターミナルビルが整備される雲井通地区に隣接した旭通は今後、どのように変貌を遂げるのか期待と不安の入り混じるエリアです。

sotetsu23.jpg

鉄骨の立ち上がった南側部分はすでに最上階に達しているものと思われます。この建物のスケール感が出てきました。

sotetsu24.jpg

最上部にズームです。建物の構造とは別となる避難経路の庇部分の軽量鉄骨のフレームが各階の鉄骨梁に取り付けられています。

sotetsu25.jpg

高さがあるのに幅が狭いのか、想像以上にかなり細い・平たい建物になりそうです。

sotetsu26.jpg

あじさい通りからは見上げる形になります。周囲にはこの規模の建物は無いなので、完成後はかなり目立つものと思われます。9月のバスターミナルビル事業協力者決定の折には、このあじさい通りの再整備の方向性についても明示されて行くでしょうか。

sotetsu27.jpg

近隣のシティタワープラザ横にあり、再開発には参加せずに以前はコインパーキングだった場所で工事が始まりました。敷地の東側半分はコンビニになりましたが、工事は残りの西側半分で行われています。掘削が進めらています。小規模店舗ビルでしょうか。これもバスターミナルビル開発を睨んだ先行投資でしょうか。

sotetsu28.jpg

南側ではコンフォートホテル神戸三宮が約2ヶ月後の開業を控えて建物の完成が近づいています。すでにホテル公式サイトが公開され、開業日は9月28日と発表されました。バスターミナルビルの概要が固まれば、周囲の再開発や建て替えは今後、更に増えるのではないかと思います。周辺道路の格調や再編、またそれに伴う電線の地中化を計画的に進めるべきかと思います。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/16 Mon. 06:44 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top