こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ポルシェセンター神戸新築工事 海岸通 旧居留地計画 竣工! 

porchcenter48.jpg

海岸通と京町筋の交差点西角にあった駐車場跡地でダイワハウス工業の設計・施工で建設されてきた海岸通 旧居留地計画が竣工しました。JR住吉駅近くにある現・神戸ポルシェセンターを運営元の株式会社ベルクがこの新築建物に移転します。

porchcenter45.jpg

地上5階建て 延床面積 延床面積3,175.27平方メートル 高さ27.20mの自動車販売ショールーム・事務所・整備場を用途とする建物です。

porchcenter44.jpg

南面のファサードです。この面のみアクセントとして一部のパネルがアルミカーテンウォールになっています。

porchcenter43.jpg

アールを描いたコーナー部。PORCHEの赤ロゴがよく映えます。立て看板はまだ防護シートを被っています。

porchcenter49.jpg

東面です。驚いた事に写真では分かり辛いですが、この面の低層部も非常に緩やかな角度でアールを描いています。

porchcenter47.jpg

最終形を見て率直に思った感想は格好良い建物になったという事です。本当に最初の落書きのようなパースが出た際はどうなる事やらと心配しましたが、最終的には杞憂に終わりました。パースのクオリティが低かったというのもありますが、低層部のデザインの修正が入った事が1番大きな要因かと思います。本国のポルシェも自社のブランドイメージの維持があるので、そうやすやすとおかしなデザインの店舗ビルを承認するような事はしないかと思います。

porchcenter46.jpg

旧居留地に現代的な建物の出現は時折、物議を醸し出しますが、明石町筋のMIUMIUや今回のポルシェセンター等、近代建築の中にこうした現代建築が出現してもなかなか調和は取れるものだと思いました。ただセットバックした高層部の倉庫のような外装仕上げだけはNGです。もっと外装材と窓にお金を掛けるべきだったと思います。次回は最終回としてポルシェが並んでオープンした同ビルの様子をお伝えしてこのプロジェクトから卒業しようと思います。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/09 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

(仮称)ポルシェセンター神戸新築工事 海岸通・旧居留地計画 

porchcenter39.jpg

海岸通と京町筋交差点西の駐車場跡に建設中のポルシェセンター神戸。8月28日の完成を控えていよいよ建物外観のお披露目が始まりました!

porchcenter42.jpg

すでにセットバックした建物上層部の模様は前回の記事にてお伝えしていましたが、この建物のメインはショールームである低層部です。ポルシェセンターはシルバーの外装材に赤字のブランドロゴが映えるのが世界共通のデザインです。

porchcenter38.jpg

低層部の高さを隣り合うチャータードビルに合わせた事で街の連続性を演出。近代建築に現代建築が隣接しても違和感の無いように計算されています。当初はどうなるのか非常に心配でした。

porche01.jpg

というのも最初に出てきたパースがひどい出来だったからです。マテリアルのディテール等も分からないので、のっぺりとして明らかにコストの掛かっていないように見える旧居留地には全くもって相応しいとは思えないデザインでした。ここからデザインの修正が入り、出来上がりつつある完成形は個人的には悪くないと思いました。

porchcenter36.jpg

当初のパースではセットバックした上層部は低層部と同系色でしたが、景観デザイン協議で審議会から物言いが付き、白に変更されました。デザイン上、あまり目立たせたくない上層部ですが、寧ろ白にした事で低層部とのコントラストが生まれてかえって目立つようになりました。薄い同系色にしておけば、低層部と同化しますし、これから汚れも目立ちにくいはずです。将来的なリニューアルの際には塗装して欲しいです。

porchcenter35.jpg

チャータードビルや周囲の高層ビルと絡めて。あまり目立ちませんが、上層部の西側の処理にももう少し気配りが欲しかったところです。景観審議には全方向の断面図は提出されているのでしょうか。

porchcenter40.jpg

上層部はセットバックせずにそのまま低層部から連続させて立ち上がらせても良かったのではないかと思います。その場合、窓の処理は必須ではありますが。仮囲いが撤去されて、内装が完成し、ポルシェがズラリと並ぶようになればまた印象は大きく変わるかもしれませんね。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/24 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

仮称)ポルシェセンター神戸新築工事 

porchcenter30.jpg

2ヶ月ぶりの取材となるポルシェセンター神戸の現況です。工事はすでに内装が主軸に移っているようです。すでにセットバックした建物上層部は足場もネットも撤去されています。

porchcenter31.jpg

上層部は駐車場や整備スペースとなるので、外観はかなりシンプルでプレーンなデザインですが、セットバック効果で特に目立った感じほありません。

porchcenter32.jpg

当初は色調もかなりダークで周囲との調和が心配されていましたが、白に変更されました。

porchcenter34.jpg

少し距離を置いて見ると、上層部がより目立ってきます。少し白過ぎる感もあります。淡いグレーでも良かったのではないかと思います。ただより主張感の強い低層部が現わになった際にはまた印象が変わるかもしれません。と、記事を書きながら、同センターの公式フェイスブックサイトを覗いてみると、すでに低層部の一部のネットは撤去が始まっている事が伝えられていました。

https://m.facebook.com/porschekobe.brg/photos/a.481661948623613.1073741828.331817756941367/1665983836858079/?type=3&source=54

porchcenter33.jpg

同新センターのオープンは8月28日を予定しています。来週には建物全体がお披露目された様子をお伝えできるかもしれませんね。今年の8-9月は色々なオープンラッシュやニュース等が相次ぎそうです。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/20 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)ポルシェセンター神戸新築工事 

porchcenter29.jpg

鉄骨建方が完了して建物の骨格が完全体になった(仮称)ポルシェセンター神戸新築工事。東灘区住吉にある現センターを事業主の株式会社ベルクが旧居留地に移転させます。

porchcenter28.jpg

こうやって躯体が立ち上がると、完成予想パースから想像していた建物よりも存在感が大きいですね。建物最高部は隣接するデビスパーキングビルと肉薄しています。

porchcenter25.jpg

1番最初に出てきた完成予想パースには肝を冷やしたが、その後に公式サイトで発表されたパースは適した形に修正されました。この土地にはかつてタワーマンションの構想提案もあったようです。

porchcenter26.jpg

ポルシェと言えばSUVの新型カイエンにPHVが加わるようです。EVへの流れは加速度的になっていますが、老舗スポーツカーメーカーもこの流れには抗う事は出来ません。エンジンの吹け上がりや排気音こそスポーツカーの醍醐味ですが、EV化に伴った新しい付加価値の創造が求められていく事になります。都市に課される意義の変化も同じなのかもしれませんね。やはり神戸には新風を吹き込むキッカケが必要です。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/18 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top