こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

新長田合同庁舎建設工事  

shinchosha59.jpg

ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック

神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています。署名でなく、皆さんの具体的なコメントだからこそ力があります。あと150名までもうあと一息!よろしくお願いします!(性別、年齢層、職業の記載をお願い致します)


鉄骨建方が本格化している新長田合同庁舎。地上9階 延床面積 平方メートルの庁舎ビルです。これだけの規模の鉄骨造の建物の建設現場はここ最近、神戸ではあまり見かけません。今後の三宮では沢山見れる事を期待していますが。

shinchosha60.jpg

大規模な鉄骨造の建物の建設現場は再開発進行中といった感が強く見ていてワクワクしますね。この北側一列部分の鉄骨建方はほぼ完了しています。

shinchosha61.jpg

この建物の建設にはタワークレーンは投入されずに 進められるのか、鉄骨建方の作業はクローラークレーンで全て完了させるのかは不明です。

shinchosha62.jpg

L字型に組まれた鉄骨は迫力満点です。残りの部分の鉄骨建方が始まるとかなりのボリューム感が出てくるものと思われます。デッキプレートやカーテンウォールを取り付ける為の軽量鉄骨のフレームも設置されています。内部中央には垂直に伸びるエレベーターシャフトも見えます。

shinchosha63.jpg

新長田を遠望しても既存のスカイラインの中でだいぶと新庁舎の存在感が出てきました。

shinchosha51.jpg

おまけですが、大橋5第2工区で建設中の但馬銀行新長田支店。鉄筋鉄骨造4階建ての銀行ビルもまもなく上棟です。最近、大橋3第4工区も広告となり、土地の特定建築事業者の公募が始まりました。恐らくここも民間の分譲マンションが建設されるものと思われます。

神戸は今後、したたかに人口減少に歯止めを掛けなければなりません。それにはこれまで以上に一定度の大阪のベッドタウン化も受け入れていかなければなりません。阪急の市営地下鉄乗り入れもその布石です。同時に業務拠点、商業拠点、文化拠点の強化も図り、ハイブリッドでの強化策が必要です。横浜と福岡を研究し、両都市の優れた点を採り入れていくべきです。

category: 新長田合同庁舎

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/15 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

新長田合同庁舎建設工事 

shinchosha42.jpg

鉄骨建方の工事が本格化した新長田合同庁舎。地上9階建の建物ですが、鉄骨の一部はすでに最高部に達しました。

shinchosha43.jpg

敷地の北側から一列毎に鉄骨建方が進められています。建物のスケール感やボリュームが想像出来るようになってきました。想像以上に大きな建物になりそうです。規模感でいえば、竣工したばかりの三宮・磯上通のリリープラザと同等でしょうか。

shinchosha44.jpg

この現場は定期的に仮囲いに描かれている内容を更新してちょっとしたギャラリー風に仕立て上げています。

shinchosha45.jpg

最初に鉄骨建方が開始された西角です。

shinchosha46.jpg

1階部分が東西に渡って鉄骨の梁が繋がっています。西側エントランスが設けられます。

shinchosha47.jpg

南側から望む現場です。コンクリートが打設された1階床には今後、鉄骨が北側から1列ずつ組み上がっていきます。

shinchosha48.jpg

9階に達している角部分が確認できます。

shinchosha50.jpg

新長田を遠望すると、新長田合同庁舎が確認出来るようになってきました。

category: 新長田合同庁舎

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/25 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

新長田合同庁舎建設工事  

shinchosha35.jpg

3月上旬の前回からしばらく間が空いてしまいました。2ヵ月ぶりの取材となった新長田合同庁舎建設工事。昨年12月以来、これまで進められてきた基礎工事がようやく完了し、遂に地上躯体の鉄骨建方が開始されました!

shinchosha36.jpg

鉄骨は敷地西側角から開始されました。

shinchosha37.jpg

ちょうど仮囲いに掲示されているパースと同じ西側のエントランス付近の部分から地上躯体が姿を現しています。パース内に描かれているエントランスの庇部分の鉄骨も確認することができます。

shinchosha39.jpg

広い敷地と思っていましたが、いざ部分的にでも鉄骨が組まれると、建物のスケール感が認識できるようになるので、今度は所狭しという感覚が浮上します。

shinchosha40.jpg

4階まで組み立てられた鉄骨ですが、最上部の9階まではまだ倍以上の高さに成長します。乗入構台はまだそのままとなっており、クローラークレーンで鉄骨建方を進めているのでしょうか。いずれタワークレーンが登場するものと予測しています。

この合同庁舎と市役所3号館跡に建設される新中央区総合庁舎が完成すると、いよいよ雲井通5丁目のバスターミナルI期ビルプロジェクトが始動する事になります。

shinchosha41.jpg

合同庁舎建設地から300m程北の交差点角地で建設中の但馬銀行新長田支店。地上4階 延床面積920平方メートルの銀行ビルですが、珍しく鉄筋コンクリート造で建築されています。鉄骨造だと思っていました。こちらも基礎工事が終わって地上躯体が姿を現しています。

category: 新長田合同庁舎

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/06 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

新長田合同庁舎建設工事 

shinchosha29.jpg

新長田・二葉町で建設中の兵庫県・神戸市共同の合同庁舎。着工以来、これまで進められてきた基礎工事は最終段階に入っています。

shinchosha30.jpg

乗り入れ講台を中心に敷地を田の字に4分割して工事が進められています。配筋とコンクリート打設を北側の1、2工区から進め、残るは南側の3、4工区の一部へのコンクリート打ち込みのみになりました。

shinchosha32.jpg

基礎工事完了後には鉄骨建方が開始されます。開始時期は4月上旬位からでしょうか。この建物は三宮再整備と密接に関係しています。

shinchosha33.jpg

バスターミナルビルの整備には行政施設の移転による連鎖開発が必要でした。その最初の1ピースがこの新長田合同庁舎です。玉突き的に行政機能を移転させて開発用地を確保します。連鎖的再開発は東京・大手町で進められている民間開発で用いられている事が有名です。

同庁者の就業人員数は1,000名から1,050名へと修正されています。

本題からはズレますが、川崎重工による新幹線台車亀裂問題には正直、悲しくなりました。神戸製鋼が品質問題で会社の存続までが危ぶまれた際には神戸経済を牽引する片輪がもげたかのような気がしましたが、川重に頼るしかないと思っていた矢先の出来事で、神戸を代表する大企業2社の不祥事にはガッカリです。

不幸中の幸いは台車が破断しなかった事です。もししていたら大惨事になるのは当然の事ながら、新幹線が培ってきたすべての評価を地に貶め、日本の新幹線輸出は全て白紙撤回されたでしょう。列車の走行を続行したJR西日本も当然、その責任を問われ、三ノ宮駅の建て替えどころではなくなっていたはずです(今ももしかしたらその影響で目立つことを避け、プロジェクトの遅延も心配ではあります)。神戸の都心開発や復権を軌道に乗せられるかどうかの大事な時期です。民間企業も足並みをそろえ、気を引き締めて欲しいと願うばかりです。

category: 新長田合同庁舎

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/09 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top