こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

告知: 「高層画報 vol.4」を刊行します! 

sample1.jpg

神戸とは無関係ですが、超高層ビルがお好きな方向けに告知させて下さい。

「高層画報 vol.4」を刊行します。

高層画報とは相互リンクしている「大阪 at Night」のToshiさん、「Sidentity -ストラクチャー的風景-」のすぴらさん等や主に関東方面のビルブロガーやビル好きから構成されている「超高層ビルを愛でる会」によって刊行されてきた私費出版の雑誌です。これまでにvol.1~3までが出版されています。

sample2.jpg

今回のvol.4は私も所属する「関西ビルブロガー会」が主となり、「大阪」にフォーカスを当てた内容となっています。超高層ビル数としては東京に次ぐ大都市・大阪。しかし東京にキー局のあるTVメディアによって大阪は道頓堀や新世界を定番とした雑多で下町的な都会という形で全国の視聴者にそのイメージを刷り込まれています。それも大阪の一部には違いありませんが、それだけではない大阪を示す事を目的とし、大阪の超高層ビルや都市景観に興味を持って貰いたいという主旨がてんこ盛りの内容で構成されました。

sample3.jpg

約半年間の準備期間を設け、私も本格的な大阪取材を実施しました。この機会を通じ、真新しいオフィスやホテル、タワーマンション等、超高層ビルを撮影する楽しみを久しぶりに堪能しました。撮影しながらこんな楽しみが神戸でできればなあ・・・とつくづく思いました。

sample4.jpg

関西ビルブロガー会が総力を結集しただけあって、その内容は素晴らしい出来と完成度に仕上がっています。高精細で美しい写真、興味深く巧みな文章の双方で構成されており、超高層ビル好きでなくても楽しめる内容になっているかと思います。そのクオリティはサークル誌とは思えません。

sample5.jpg

各ブロガーがエリア別やカテゴリー毎に執筆と取材を担当しました。

大阪の高層ビルRANKING★TOP21: Sidentity Sidentity -ストラクチャー的風景-のすぴら氏

ニューストピックス: 超高層ビルとパソコンの歴史の@関西人氏

梅田: Re-urbanization ~大阪再都市化~のロング氏

中之島: しん@こべるん

船場: しん@こべるん

難波・心斎橋: Re-urbanization ~大阪再都市化~のロング氏

天王寺・阿倍野: 大阪 at NightのToshi氏

OBP: 大阪 at NightのToshi氏

ベイエリア: OSAKAビル景のShoken氏

大阪府下: OSAKAビル景のShoken氏

擬人化4コマ漫画: 萌えストラクチャーのモエストロ氏

全体編集・構成: Sidentity -ストラクチャー的風景-のすぴら氏

編集長: 大阪 at NightのToshi氏

販売方法については以下となります。

①コミックマーケット94 (8/12 東京ビッグサイト 東地区 W-30a)
②こみっく★トレジャー32 (9/2 インテックス大阪 4号館 ウ10ab)

イベント価格:500円 (頒布販売)

とらのあな(予約受付開始) 通信販売委託
メロンブックス(予約受付開始) 通信販売委託
⑤COMIC ZIN(準備中) 通信販売委託
⑥Amazon(準備中) 通信販売委託

委託価格:各委託先による

下記のリンクからも更に詳細を確認できますので、何卒よろしくお願い致します。

http://moestructure.com/c94/
高層画報 Vol.4 特設サイト

三宮の再開発、ウォーターフロント再整備、元町・県庁再開発が進めば次回は神戸特集を組み込んだ高層画報の発刊も期待できるかもしれません。

昨年、「夜ビル-Buillumination-vol.2 KOBE」(お陰様で完売したそうです)にてToshi氏、すぴら氏より依頼を受けてコラムの執筆をしましたが、今回は関西ビルブロガーの一員としてお誘いを受けて、注力しました。各ブロガーさんからはその精力的な活動ぶりと新しい事に挑戦しようとする姿勢に常に刺激を受けています。当ブログも来年には10周年を迎えるにあたり、ブログのリニューアル準備も開始しています(今秋には公開予定)。今回の高層画報刊行への参加は今後の当ブログ運営にも大きく影響を与える1つのキッカケと節目になると思われます。

category: 告知

thread: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - janre: 地域情報

2018/08/05 Sun. 21:07 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

『夜ビル-Buillumination-vol.2 KOBE』 刊行の告知 

yorubiru01.jpg

超高層ビルが好きなブロガーさんやクリエイターさんが集結する「超高層ビルを愛でる会」という同人サークルがあります。そのメンバーであるすぴらさん及び同じく同会のメンバーであり、当ブログの前身サイト「神戸超高層ビルウォッチャー」時代から相互リンクをさせて頂いている「大阪 at Night」を運営するToshiさんの二人から同人誌「夜ビル Buillumination」の第2号となる神戸編に掲載するコラムへの執筆依頼を受けました。

yorubiru04.jpg

この本はすぴらさんが昨年、私費出版した写真集で、創刊号は大阪の超高層ビルの夜の姿を巧みなアングル且つ非常に高精細に撮影した写真が美しい力作でした。この中で、Toshiさんが手掛けたコラムが「失われたライトアップ」と題された特集です。彼の持つ膨大なストック写真を活用して、かつて照明演出を行なっていた大阪の高層ビルや建造物を解説付きで紹介するという興味深い企画でした。Toshiさんからこの本を受け取った際は、懐かしさと感激を覚えて一気に読みましたが、今回、すぴらさんが「神戸編」を考えていて、私にもこの「失われたライトアップ」の執筆を担当して欲しいとの依頼があり、2つ返事で快諾しました。

yorubiru02.jpg

神戸編の制作には、創刊号以上にすぴらさんの完璧を求める並ならぬ努力と力の入れようで、梅雨の合間をぬって大阪から神戸へ何度も足を運んで撮影された神戸のビルの写真は驚く程、鮮やかで美しく、見応え十分です。また所々に挿入されたToshiさんの神戸の夜景のグラビア写真は迫力満点で息を飲む美しさです。

yorubiru03.jpg

私の執筆した「失われたライトアップ」には8ページも割いて頂き、私の過去16年分のストックから引っ張り出したかつて輝きを放っていた神戸のビルの写真やそれらに対する熱い想いを述べさせて貰いました。また全体構成についても意見を取り入れて頂きました。

「夜ビル-Buillumination-vol.2 KOBE」はまず8月11日から東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット92」にて12-13日に頒布販売されます。

イベント頒布価格:500円
サイズ : A6
ページ数 : 36P

頒布予定イベント①:コミックマーケット92 2日目 東へ-46b(「超高層ビルを愛でる会」委託)
頒布予定イベント②:コミックマーケット92 3日目 東T-14b(「夜行部」として頒布)

もしこのお盆休み中に関東方面へ行かれる予定のある方は、東京ビッグサイトにお立ち寄り頂けると、実際に本を見たり、創刊者のすぴらさんに会えたりするかもしれません。

また8月14日からは通信販売も開始されるそうです。
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=271977
通販サイト(予約化)

もしご興味を持たれた方はよろしくお願い致します。

今回の執筆経験を経て、貴重な経験をさせて貰いました。普段、ブログでは制限無く好き勝手に文を書けますが、本となると限られた文字数範囲の中で言いたい事を簡潔且つ説得力をもって伝えなければならないので、試行錯誤しました。初めての経験でしたが、共同作業も楽しく、こういった機会を与えてくれたすぴらさんやToshiさんに感謝したいと思います。

すぴらさんサイト
http://blog.supiral.com/
Sidentity -ストラクチャー的風景-

Toshiさんサイト&ブログ
http://www.osakanight.com/night_view/
大阪 at Nightサイト
http://blog.osakanight.com/
大阪 at Nightブログ

私も私費出版したい衝動に駆られましたが、何をテーマにするべきか。始めたはいいが中途半端になっているブログ内コラム「神戸の高層ビル史」を書籍化したら、皆さんに興味を持って頂けるでしょうか。

osakayakei.jpg

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%A4%9C%E6%99%AF-%E5%A2%97%E8%A3%9C%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88-%E5%A0%80-%E5%AF%BF%E4%BC%B8/dp/4422250809

告知ついでにもうひとつ。ご存知の方もおられるかもしれませんが、Toshiさんは大阪夜景サイトから発展した形で、書籍「大阪夜景」を出版されています。そして更にこの6月に増補改定版が出版されました。同月には心斎橋で出版を記念した個展も開かれ、ますます大阪夜景の第一人者として活躍されています。もし本屋に立ち寄られた際には一度、お手にとってみて下さい。

category: 告知

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/10 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top