こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

コンフォートホテル神戸三宮新築工事 

comforthotel17.jpg

本日、2度目の更新です。雲井通4丁目・朝日パーキング跡地に建設中で来月28日に開業予定のコンフォートホテル神戸三宮。遂に建物の竣工が間近です。外構工事もまもなく完了します。内装工事も大詰めを迎えており、ホテルオープンの作業も今後、迅速に進められていく事でしょう。

comforthotel18.jpg

養生ネットが取り払われて完成形となった新ホテルの外観です。地上13階 219室のビジネスホテルはチョイスホテルズインターナショナルの傘下であるチョイスホテルズジャパンが運営します。

comforthotel19.jpg

エントランスやレストランが備わる1-2階の階高はかなりの高さがあります。またファサードのデザインは1-2階と3-13階の客室階で異なっていますが、上階の壁面もタイル張り仕上げです。間口はあまり広くはありませんが、奥行きはかなりある敷地となっており、ビジネスホテルには最適な形状です。

comforthotel21.jpg

1階北側に設けられたエントランスです。壁面にホテルロゴが入りました。

comforthotel20.jpg

次々と新ホテルが開業を迎えていますが、まだまだ新しいホテルが続々と建設中もしくは計画中です。雲井通は新バスターミナル整備やJR新改札開設によって将来性は抜群でホテル需要も高まります。来月初にバスターミナルI期ビルの事業協力者が決定すれば周辺地区のへの新たなる投資が加速するかもしれません。

category: 雲井通4丁目ホテル計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/12 Sun. 12:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

雲井通4 丁目計画 コンフォートホテル神戸三宮  

comforthotel16.jpg

雲井通4丁目にて朝日パーキング跡で建設中のコンフォートホテル神戸三宮。開業日は9月28日に決定しており、すでに公式サイトも開設されて、ウェブ予約もスタートしています。

https://www.choice-hotels.jp/hotel/kobesannomiya/
コンフォートホテル神戸三宮 公式サイト

運営元はチョイスホテルズジャパンですが、親会社のチョイスホテルズインターナショナルは世界で第二のホテル数を保有しています。地上13階 219室で立地の優れたビジネスホテルとなります。

comforthotel14.jpg

低層部周りの足場も撤去されて、レンガ風の外壁もお披露目されています。このファサードを上階まで統一して欲しかったですね。

comforthotel13.jpg

このホテルがオープンすると今年のホテル新規開業は6ホテル目となります。恐らくこれで今年は打ち止めになるのではないかと思います。当初はもう更に1-2ホテルの開業を見込んでいましたが、スケジュールに遅れが出ていますので、来年に持ち越しです。

実はごく最近、大型開発案件になり得るマル秘情報を得ました。もし本当に進めば長年の我々の鬱憤を晴らしてくれるような事になるかもしれません。具体化して皆さんにお届けできる日を気長に待ちたいと思います。JRさんはいつ我々の鬱憤を晴らしてくれるのでしょうね。阪急は既存ビル閉館後、約5ヶ月で新駅ビルの内容を発表しました。三宮ターミナルビル閉館からまもなく早4ヶ月です。私の予感は今年の9-10月に様々な動きが一挙に出てくるとお告げが出ています。

category: 雲井通4丁目ホテル計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/28 Sat. 06:02 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 17

go page top

(仮称)コンフォートホテル神戸三宮 新築工事 

comforthotel09.jpg

雲井通4丁目の朝日パーキング跡に建設中である(仮称)コンフォートホテル神戸三宮。鉄骨建方が完了し、建物全体が足場と養生ネットに覆われたので、もう竣工間近のお盆から9月位まではベールに包まれて工事の進捗が分からないので取材不要と思っていたのですが、ちょっと様子を見に行ってみると、すでに足場は撤去されていてネットも中が透けて見える薄いタイプに変わっていました。

comforthotel11.jpg

すでに外装材の取り付けが全て完了しており、窓枠も嵌め込まれ、一部の窓にはガラスもすでに入っています。PC部材をかなり多用しており、工期の大幅な短縮が図られているようです。

comforthotel10.jpg

低層部周りの仕上げ工事は作業用エレベーターの撤去後、1番最後です。

comforthotel12.jpg

求人媒体によるとこのホテルの開業予定は9月のようです。昨日、取り上げた7月開業の神戸ルミナスホテル三宮、北野で8月にオープン予定のピーナッツホテルに続き、コンフォートホテルが開業します。今秋にはレイアホテル神戸元町も開業予定なのでもし10月だと、7〜10月の4ヶ月連続で毎月1ホテルが新規開業する事になりますが、レイアホテルの建設は遅れ気味なので年内のオープンは難しいのではと思っています。

読者の方から日本政府観光局(JNTO)が主催するインバウンド商談会「VISIT JAPAN Travel Mart ASEAN・INDIA 」の神戸誘致に成功したという神戸市記者発表についての情報を頂きました。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/04/20180413142001.html

この商談会は東南アジア・インドの計7カ国から旅行会社のキーパーソンを招請し、全国の自治体や観光関連企業・団体が参加して、より多くの訪日旅行者を呼び込むために各都市のPRを行うものとの事です。神戸てむの開催により、これらのキーパーソンに対して神戸の魅力をアピールできる格好の機会となります。

訪日客の爆買いが沈静化し日用品への購買にシフトしているのはリピート客が増加している事の裏返しかと思います。最初の訪問地に神戸が選ばれる事は困難ですが、訪日リピート客の神戸訪問増加を増やしていきたいところですね。

category: 雲井通4丁目ホテル計画

2018/04/20 Fri. 06:38 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

雲井通4 丁目計画 コンフォートホテル神戸三宮 



雲井通4丁目の朝日パーキング跡地で建設中の(仮称)コンフォートホテル神戸三宮の状況です。鉄骨建方が完了しました。地上13階建 219室の建物は、なかなか迫力があります。

comforthotel06.jpg

客室階の無い1-2階の階高はとても大きいです。エントランス、レセプション、レストランが入るものと思われます。ホテルはレセプションホールが一定の大きさがないと、ビジネス、パーソナルに関わらず待ち合わせ等の対応にも使い難いのでスペース確保は必須かと思います。この建物は間口はあまりありませんが、奥行きはかなりあります。

comforthotel07.jpg

各階のデッキプレートやプレキャスト床等の設置も終わっているようです。これから外装工事が本格化するので、足場とネットに覆われて、完成間近まではベールに包まれる事になります。よってこの計画に関する次の記事の更新は建物外観が見られるようになってからになるので、半年程のお別れとなります。

年度末が迫っていますね。この時期は決算の発表と共に次期以降について新たな発表が期待されるタイミングでもあります。、まだモヤモヤしている構想や新規計画が出てくる事を是非とも期待したいですね。

category: 雲井通4丁目ホテル計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/02/17 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top